心の在り方

必要とされる老害? 不要な老害?

何故これほどまでに老人やオジサンが社会における憎まれ役になってしまったのでしょう。価値観の変遷についていけないから? 超高齢化社会における当然の帰結に思える老害ですが、どうにも正しい抑止力としての老害は重要だそうです。そんな事を言っているから老害認定されているような気がしなくもないんですけどね。

心の在り方

何故、努力が報われないのか?

目標に向かって努力する姿勢は美しいものだとされています。直向きな姿を見てそこに感動を得るわけですが、本人にとって大事な努力ではなく、見ている側にとって美しいものだけを努力と呼んではいないでしょうか? 美徳を重んじる人種だった日本人は美徳の形だけを追い求めて形骸となったものを固辞しようとしているだけなのかもしれません。

心の在り方

真面目に生きる事と、その真面目さを自分だけの物差しで測ってしまう事

世代が抱える認識の違いが大きく浮き彫りになってくる現代において、古臭い価値観だけを重視するヒトは老害だと語られがちになります。全く同じものを見ていても、考え方によりその見え方は全く異なると理解しておかないと相手を尊重できない時代になってきたって事かもしれません。

心の在り方

日本企業の陥ってしまった病をカラテカから学ぶ

日本企業の形が完璧だったのは終身雇用と年功序列が機能していた時代の話であって、現代その価値と機能が崩壊しかけているという事は日本企業の形も崩壊を始めていると言えます。そこで始まったのが現状維持という名の、崩壊を見えないようにする隠蔽工作です。問題を先送りにしてしまうが故に、手に負えないくらいに大きくなって初めて見えるわけです。

心の在り方

根性論というオジサン問題

人生経験と自分の思考的豊かさが比例していると考えているヒトは多いですが、それは逆である事が分かっています。子どもの感受性が豊かであるように、最も思考が柔軟なのは若い内であると言えます。という事は年上というだけで意見が尊重されるというのは間違いの元になりかねません。若者は何も無いと思っている時点で自分が何も持っていないという事なわけです。

心の在り方

人生において労働はどんな役割を持つのか?

人生において労働の位置がおかしな事になっている状態が日本という国に蔓延しています。会社や組織に所属して生きていく事と労働が過酷な事は別問題のはずですが、日本では同じ問題のように語られます。ヒトとして生きるべきなのに、ヒトとして生きていけない社会構図が存在しているのは実に問題です。

ダイエット理論

便秘ってどういう状態なの?

便秘って気になりますよね。しかし日本人って便に関して非常にネガティブな感情を抱きがちです。汚物という認識はまあ仕方ないとしても、1日1回は排出しないといけないなんて本気で思っていたりします。細か過ぎるのはストレスになるので、出る時ゃ出るし、出ない時ゃ出ねぇくらいの気持ちが必要だと思うわけです。

糖質制限知識

ケトン体が出ているとはどういう状態で判断するのか?

糖質制限で厳し目の摂取制限を行い、きちんと脂質を摂取している状態になるとケトーシスと呼ばれる状態になります。これは糖質であるブドウ糖利用から脂質の代謝産物であるケトン体利用に身体が切り替わる事で起こる状態の事です。んじゃまあ分かりやすい変化ってあるんかいな? て事を考察しようと思います。

心の在り方

自主管理と投薬管理に求められるものの違い

求められているものが違うという事は、その違いから片方を否定してしまうという事になりがちでもあるという事です。問題点を挙げて改善を見出すという事と頭ごなしに否定するという事は全く逆の思考プロセスを辿って着地するものです。支持するものを否定された時、まるで自分自身が否定されたように感じるのは事実ですが、そこは気にしないほうが良いわけです。

人類史

植物性は動物性に比べ環境に優しいという理由は妥当なのか?

環境に配慮する事が理念として掲げられる事も増え、自然環境を守ろうって事は割と共通の認識になりつつあるって事になります。その中には環境に特に優しい事を殺し文句にしているものもあるわけですが、果たしてそれは一体何がどのようにして環境に優しいと言っているのでしょうか?

人類史

青物信仰とは何なのか?

常識的な考えになるまで広まった物事を否定するのは難しいものです。「それ、オカシイでしょ?」と言っても「そういうもんだから別にオカシクなくない?」で済んでしまうからです。それは文化をヒトが共有出来た理由でもあるわけですが、間違ったものを共有すると否定するのに時間がかかってしまうという欠点も理解しておかないといけません。

心の在り方

人生において心が動く事が何故重要なのか?

どうにも心穏やかに過ごす事とは悟りのようなもののように思われている節があります。反対に心豊かに過ごす事は若々しいイメージといった所でしょうか。しかしこの2つは反発するものではなく、同時に存在させる事の出来る感情です。今回は年を重ねると割と失いがちな心が豊かに動く事の重要性を考察します。

人類史

アイスマンと最後の晩餐

アイスマンとは5300年前に生きていた人類の事です。死亡した後、氷河に閉じ込められた為に冷凍ミイラとして完璧な状態で残っていました。この希少なご先祖様は人類がどのような生活をし、どのような食生活を送っていたのかを理解する大事な手がかりを持っています。アイスマンが食べていたものこそ人類原初の食事であるからです。

食物

7/22はナッツの日

木の実が重要なのはドラクエで学んだわけですが、現実世界でも木の実、つまりナッツは素晴らしい食材です。恒常的に能力が上昇するかどうかは分かりませんが、体内の代謝を円滑にする栄養素を豊富に含み、アンチエイジングも期待できます。それでも、ナッツだけを食べれいれば健康になれるとかそういうウマい話はないわけです。

ダイエット理論

不調は内から現れ、内に向かって改善していく

身体を労わりましょうなんて簡単に言いますし、それが当たり前であると思う所はあります。ですが不調は身体からのサインであり、そのサインの読み方を誤れば身体を労わるどころの話ではなくなります。分かりやすい不調の改善だけを優先すると良くないというのはちょっと分かりにくい話かも知れませんが、結構大事な話でもあります。

糖尿病

多忙なビジネスパーソンが糖質制限を継続するのは難しい?

ビジナスパーソンは実に多忙です。忙殺という名前に相応しいようなハードワークに携わっています。日々に忙殺される中では日常に関わる行為を全て手早く済ませる事が求められます。これを効率化と言うヒトもいますがルーティンに落とし込んで何も考えなくなる為に思考停止に陥る危険性もあります。そしてその思考停止が何かを始める障害となるわけです。