心の在り方

サービス業が客を選ぶ行為を差別的だというのは、客側が真っ当な「対価」への意識を持っている場合に限るのではないか?

おはこんばんにちは、リンさんです。 社会の停滞とはすなわち若者が文化を創造できなくなるという事です。 かつて戦争によって多くの若者が命を散らしました。戦争が終結し、自分の人生を生きる事に全力を注げた若者は文化を解放してい…

ダイエット理論

食べものに飽きる事、執着しない方が良いのかもしれない

何かに執着する事は決して悪い事ではありませんが、現代ではとかく執着し過ぎている傾向が強いのも事実です。そういった事を考えるとどのようなものに執着しているかを考えるのは有意義であると言えます。思った以上に多くのものが与えられている時代においてヒトは執着しない事を忘れているのかもしれません。

心の在り方

食事を変える事のリスクと変えない事のリスクを比較する事が大事かも

アイキャッチ画像は もぐら綿棒さんによる写真ACからの写真 です。食事を変える事は意識を変える事と同義なほど難しいものです。ヒトは未知の不安よりも確証の無い安定を好む傾向にあるからです。案ずるよりも生むが易しと言い行動した方が良い場面が多いわけですが、そこに確証や心を安定させる根拠が必要になるのもまた事実なわけです。

栄養学

ビタミンB12欠乏症から読み解く「完全」菜食主義の臨界点

アイキャッチ画像は 紺色らいおんさんによる写真ACからの写真 です。世界を変えようとすると非常に難しいのですが、自分を変えるのは経験してしまうと一番簡単な手段なわけです。そして自分を変えるキッカケというものは他人からの強制ではなく自ら欲しなければいけません。となると世界を変えようと必死なヒトというのはそれだけで「自分勝手」と呼べるのかもしれません。

栄養学

カット野菜は動的平衡の崩れた状態?

アイキャッチ画像は かっちゃんさんによる写真ACからの写真 です。手間を大きく省いてくれるものが溢れているのは現代の特徴ですが、それにより多くの大事な事を考える必要が無くなってしまった事が大きな課題になっていると認識されつつあります。ヒトの知能は高いからこその文明ですが、その利便性が知能を奪っているという側面もあるわけです。

urutyannさんによる写真ACからの写真雑論

争いは集団規模に比例して過激化する

アイキャッチ画像は urutyannさんによる写真ACからの写真 です。ヒトの知性による治世こそが平和を齎すと思われていますが、集団心理的に読み解けばこの考え方だけでやっていこうとするのは危険だと言えます。過去の過ちから学ぶなどヒトは到底出来ない生物ですが、なまじ知性がある為にその野生を舐めて掛かっているのかもしれません。

糖質制限知識

糖質制限でフラフラになってしまうのは脂質からのカロリー摂取不足……だけじゃない

糖質制限はライフスタイルという捉え方が最もしっくり来る考え方です。それというのも糖質制限の知識を深め、それを自分に適応できるようにならないといけないからです。こういった点はベジタリアンでも何でも同じなわけです。そしてその中で問題が起こるようであれば、それを考察し検証し是正していけばいいだけの話なんですが、中々難しいものがあります。

人類史

人類の食性を考察する時、なぜヒトによって意見が異なってしまうのか?

ヒトが物事を判断する基準は人生で培ってきたもの、知り得たもの、そしてこうであって欲しいという願望から行われます。しかしそれは端的に言ってただの「思い込み」なわけで、なかなか「思考」にまで至らないというのが事実です。練り上げた思考でどんな知識を選択するかが自分次第ですが、その前提がおかしいと全てがおかしくなっちゃいますからね。

糖質制限知識

糖質制限すると筋肉が分解されるという理屈は、要因と結果を無理矢理繋げただけで原因の考察がされていない

常識だけではなく、ヒトの見るものは全てヒトそれぞれの価値観に左右されます。「有り得ない」と思う事こそ最大の思考停止であり、だからこそ世に数多存在する専門家ほどこのジレンマに気付かず過ごしてしまいます。専門家の意見ほど、より多くの判断材料となる情報を持った上で判断しないといけないわけですね。

心の在り方

誰かの喜びを基準にしても自分自身が不幸になるだけ

自己肯定感を高める生活や意識といったものは、ともすれば自分勝手であったり身勝手であったりといった印象を与えてしまいます。しかし相手の顔色を病的なまでに気にするように仕向けているのが日本の情操教育である観点から、そういった事が気になってしまうだけで、実は相手は自分の事を気にも留めてないですし、自分が敏感に感じるほどヒトの悪意など存在しません。