2017年10月

心の在り方

たった1つの考え方だけで自分の人生を歩んでいるかどうかを判断する事が出来る

日本人は変な人種です。全体的な大枠の考え方としての常識があり、それをどう理解するのかを個人の判断にしています。ここまでは普通に聞こえます。その個人の判断という時の個人とは本当に個人というわけではなくどこかに所属している個人なのです。これこそが日本人が変な理由であり日本人が最も強みとする個性となるわけですが、その個性が無くなってきていやしないかい? というお話。

心の在り方

食事を変えるという事が何故こんなにも困難なのか?

糖質制限を始めてから生活の内容が本当に様変わりしたなと感じます。根本にある怠惰な性格はあまり変わりませんが、本を読み漁り知識を集めたり、血糖測定器を買って遊んでみたり、食事内容がもはや別人のようなものになったりと色々です。今回は糖質制限食に限らず食事を変えるという事はライフスタイルを変える事で、それはやはり抵抗あるよねというお話。

糖質制限知識

「血糖値がなるべく上がらない食事」だけではちょっと不十分な話

血糖値が上がらないようにすれば自然と痩せていくし糖尿病も良くなるし健康的にもなっていく。これは真実です。しかしここから更に1歩を踏み込み「健康」そのものを考えた時つまり病気の予防を考えた時、より予防力の強い手段を講じたくなるのがヒトの業というもの。今回は血糖値がそれほど上がらないからって低糖質なものを好んで食べていませんか? というお話。

ダイエット理論

カロリーで物事を考える事が困難な理由は1つだけ。

ダイエットと言えば未だに多くのヒトがカロリー制限を採用します。カロリー制限とは栄養素全てを総量規制する無茶苦茶なやり方なわけですが多くのヒトはカロリーの持つ分かりやすい指標の魅力に逆らえません。突き詰めた真実は確かにシンプルですが、カロリーは果たして真実なのでしょうか? 今回はその辺を考察します。

雑論

共感する心という言葉に対して思う割とどうでもいい話

時にはダイエットとか糖質制限とか関係ない話題をぶっこみます。しかし日記のようにならないように問題を提起できる内容を心がけつつ毒を吐くというスタンスを崩さずに。共感というヒトに備わった素晴らしい協調のシステムを利用し、時に最悪の形で発現させるおバカさんがいることに最近並々ならぬ恐怖を感じます。

雑論

オリーブオイルよ、お前もか。日本でホンモノが手に入りにくいホラーな理由

オリーブオイルの健康と美容への効果は皆さん知るところだと思います。かくいうリンさんもオリーブオイルをサラダにドバドバかけて食していました。風味が良い素晴らしい油です。なんですが、最近になってオリーブオイルを使用するのを止めました。それは何でか? その辺りをさっくりと書いていきます。

自己紹介

このブログの注意点

どうもどうも。毎度バカバカしい理論を展開している糖質制限面白おかしく推進ブログ、リンさん「の」。管理人のリンさんです。さて今回はこのブログの注意点なんぞを述べていこうと思います。糖質制限自体がこれからどんどん発展する学問ですから常に学習し実践している段階ですので、このページに書いてあるスタンスだよという事を理解して読んでいただければ幸いです。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話7 スポーツドリンク編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。スポーツドリンク編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話6 乳酸菌飲料編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。乳酸菌飲料編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話5 野菜ジュース編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。野菜ジュース編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話4 フルーツジュース編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。フルーツジュース編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話3 フレーバーウォーター編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。フレーバーウォーター編開始です。

栄養学

清涼飲料水の笑えない話2 炭酸飲料編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。炭酸飲料編開始です。

糖質制限実践

糖質制限で長年の偏頭痛から開放されたけど、糖質制限始めた当初は結構な頭痛に悩まされていた話

糖質制限を開始してから暫くすると偏頭痛が無くなりました。今や頭痛薬無しの快適な毎日ですが、糖質制限を始めた当初は偏頭痛ではない感じの頭痛に悩まされていました。これって一体どういうことなのか? 今更ながらちょっと考察してみます。

心の在り方

狭い場所で生きるという事が何故問題なのか? コレに対するシンプルすぎる1つの答え

外食時、マナーの悪いヒトってやっぱり気になります。それは糖質世界で生きているという事を忘れがちなセイゲニストにも当てはまります。我々の常識は未だにマイノリティです。だからこそ紳士的に主張をしなければなりません。健康を守れるのは自分自身ですが、それと同じくらい相手を労わることも大事ですよという話。

常識破壊

脳のエネルギーはブドウ糖だけという幻想を打ち砕け。だったら糖質制限実践者であるリンさんはブログなんて書いていられないぞ?

脳のエネルギーはブドウ糖だけ。いわゆる常識としての知識。でもよくよく考えてみるとエネルギーが1つだけなんて状態で生きる種族がよくもまあ絶滅せずに生き残れたもんだなって思うのが普通ではないのか?