2018年8月

心の在り方

日本企業の陥ってしまった病をカラテカから学ぶ

日本企業の形が完璧だったのは終身雇用と年功序列が機能していた時代の話であって、現代その価値と機能が崩壊しかけているという事は日本企業の形も崩壊を始めていると言えます。そこで始まったのが現状維持という名の、崩壊を見えないようにする隠蔽工作です。問題を先送りにしてしまうが故に、手に負えないくらいに大きくなって初めて見えるわけです。

心の在り方

根性論というオジサン問題

人生経験と自分の思考的豊かさが比例していると考えているヒトは多いですが、それは逆である事が分かっています。子どもの感受性が豊かであるように、最も思考が柔軟なのは若い内であると言えます。という事は年上というだけで意見が尊重されるというのは間違いの元になりかねません。若者は何も無いと思っている時点で自分が何も持っていないという事なわけです。