2018年9月

心の在り方

必要とされる老害? 不要な老害?

何故これほどまでに老人やオジサンが社会における憎まれ役になってしまったのでしょう。価値観の変遷についていけないから? 超高齢化社会における当然の帰結に思える老害ですが、どうにも正しい抑止力としての老害は重要だそうです。そんな事を言っているから老害認定されているような気がしなくもないんですけどね。

心の在り方

何故、努力が報われないのか?

目標に向かって努力する姿勢は美しいものだとされています。直向きな姿を見てそこに感動を得るわけですが、本人にとって大事な努力ではなく、見ている側にとって美しいものだけを努力と呼んではいないでしょうか? 美徳を重んじる人種だった日本人は美徳の形だけを追い求めて形骸となったものを固辞しようとしているだけなのかもしれません。

心の在り方

真面目に生きる事と、その真面目さを自分だけの物差しで測ってしまう事

世代が抱える認識の違いが大きく浮き彫りになってくる現代において、古臭い価値観だけを重視するヒトは老害だと語られがちになります。全く同じものを見ていても、考え方によりその見え方は全く異なると理解しておかないと相手を尊重できない時代になってきたって事かもしれません。