糖質制限においてカロリー制限が不要な理由。そしてカロリー制限が必要になるタイミングを考えてみる。




ちわっす。今日も世界が輝いて見えます。ウソです。

輝いていたらマジで気持ちがヤバいヤツでしかないでしょうに

そんなワンダフルでシニカルなワールドに生きる男、リンさんです。テンション高めの紹介のときは、特に何のネタもオチも無いものと判断してください。

この前フリ、普段からオチが無いのは内緒です

糖質制限の~♪ あるある~♪ を言いた~い~♪

というわけで今回は、リンさんの灰色を通り越してそろそろ銀色にグレードアップしつつあるのではないかと評判の脳細胞に突如として降りてきた企画。糖質制限あるあるを語りたいをお送りします。

でも上記の画像の探検隊スタイルではなく、歌うスタイルのほうが印象に残っています

糖質制限をしていると気になったりするネタの数々を、ネットを放浪する時間だけは1人前、知識だけなら耳年増なリンさんが、真面目に不真面目 心の赴くまま適当に学んだ知識を混ぜ合わせ、解決の糸口となるかもしれない金言や名言あるいは迷言を授けたりしちゃおうというわけです。

リンさんも知識だけ耳年増な女性に迫られたいものです

しかし、よくよく考えたらそれってあるあるネタじゃなくて、よくあるネタなんじゃ? …………………気を取り直して、早速いってみましょうか。

あるある「糖質制限ならカロリーは気にしなくても良い」

さてさて。のっけから長くなりそうなネタが来ましたよ、コレは。これに関しては勘違い、知識不足、今までの常識が邪魔をする、思い込みなどなど、多くの弊害があって説明が二転三転する印象を持ってしまいやすいのです。

その結果、糖質制限は嘘っぱちだと断じる方が出てきてしまうのです。糖尿病医療の選択肢としての糖質制限食の普及や、人類本来の健康食として「食」の選択肢として糖質制限を普及する事を本願とするセイゲニストからすれば悲しいことです。

というわけで考えられる可能性と意味を考察していきましょう。

  • 糖尿病予防・改善の血糖コントロールという意味ならカロリーコントロールは必要なし

血糖値をコントロールし糖尿病を予防・改善する糖質制限食の本来の主旨から考えると、カロリーコントロールは二の次となります。では次にカロリーコントロールが二の次になる理由を考察しましょう。

  • スーパー糖質制限食で脂質代謝メインの身体になると、食事量・食事回数が極端に減る

糖質制限食は糖質摂取を減らし、その代わりにたんぱく質・脂質を大量に摂取する食事法です。更にスーパー糖質制限に限りますがほぼ糖質摂取を行わない為、糖質への依存が無くなります。

現在リンさんの1日は、完全無欠コーヒー2杯、プロテイン(たんぱく質含有20g程を2~3杯)、水2lくらいで、メインが肉・たまごなどの固形の食事は2日に1食ほど。お腹が空いていたら、固形物も1日1食摂ります。

そもそも、空腹感が希薄になります。むしろ、今まで過ごしてきた毎日の習慣から食事を行っていて、空腹でもないのに食べている時の方が多いです。

ちなみにリンさんの固形物を摂取しない日の総カロリーは1200~1400kcal。固形物を摂取する日は1800~2200kcalくらいです。

では次にダイエットとして行う場合はどうでしょうか?

  • ダイエットとして糖質制限を始める場合、最初の内はカロリーを気にしすぎていてカロリー不足からヘロヘロになる可能性があります。

糖質だけがヒトを太らせるのだと理屈で分かっていても、今までの常識であるカロリーの考え方を完全に放棄するのは難しいです。よって、多くのダイエッターは糖質制限で減ったカロリーだけでなく、脂質やたんぱく質を今まで通りもしくは今までよりも減らしてしまいがちです。←あるある

これはそもそも糖質制限が云々という話ではなく、単純なエネルギー不足です。エネルギー不足の例としては、階段を上るときに足の筋肉がプルプルしたり、頭がクラクラしたり、イライラしがちになったりします。

まず糖質摂取量を制限しエネルギーを削ります。そして必須栄養素である脂質とたんぱく質で糖質制限で削ったエネルギー量を確保する。ここまではカロリーの概念は捨てて、むしろ脂質とたんぱく質の摂取を増やしてください。

その後で、体重が減っていく按配のカロリー量を見定めるヘロヘロになるなら摂取する脂質とたんぱく質をコントロールし、カロリーを増やします。体重が1ヶ月間変わらないのであれば、その体重での適正な脂質とたんぱく質の摂取量だと判断します。

体重を落としたい場合でも、脂質・たんぱく質の摂取量とカロリーを一気に落としたりすると良くはないと考えます。この辺りを「自分の身体に聞けるようになる」とダイエットに焦りは感じなくなると思います。胡散臭いですけどね、自分の身体に聞けるようになるっていう表現。

糖質制限はカロリーによるエネルギー量の足し算・引き算だけではありません。糖質という栄養素は身体に必要無いものですが、糖質から得ていたカロリーは身体に必要なエネルギーです。そのエネルギーを身体に必要な栄養素を持つ脂質・たんぱく質で補うことで、身体は活動に必要なエネルギーを確保し、しかも高栄養状態へと変化していきます。

この身体が高栄養状態であるという事がダイエットの重要事項です。しかも1つ上の考察で述べたように糖質制限において食欲のコントロールとは、今までの1日3食といった習慣から起こるウソの食欲をコントロールすることのみですから、食事全般の管理が容易になります。

リンさんのざっくりカロリーコントロール

最後にダイエッターなら常識かもしれませんが、リンさんなりのカロリー摂取量の目安をご紹介します。まず自分の現在体重を確認し、更に目標体重を決めます。

適当な基礎代謝計算サイトへ飛び、基礎代謝を計算します。年齢、性別、身長、体重の記入で自動計算してくる所がいいですね、正確そうで。

その結果、リンさんの現在体重81kgに対して、基礎代謝量1,767.537kcal

面倒なんで1700kcalとします。

リンさんの目標体重59kgに対して、基礎代謝量1,472.803kcal

面倒なんで1400kcalとします。

で、リンさんは現在1日1200kcalの日は体重が顕著に減少し、2200kcalの日も体重やや減少。1度、4日ほど続けて4000kcalを越えた日がありましたが、体重変動は2日目1kg増加の5日目元に戻るといった具合でした。

2000kcal以下で体重が減少していると考えられますし、体重増加は4000kcal以上摂っても4日以上連続しなければ大丈夫と考えられますね、今のとこ。

そして、リンさんは現在体重の基礎代謝量から考えても倹約遺伝子をもっていると考えられます。という事は、リンさんが目標体重に到達し維持管理をしていく段階に摂取するカロリー量は1900kcal程度であると考えられるわけです。

これを体重減少あるいは増加3kg刻みで実施しています。今のところ増加は無いんですけどね。摂取カロリーを減らすとなると多くのヒトが一気に減らそうとして挫折してしまいますが、3kg刻みでやっていくと意外と「やってる感」ありませんよ。で、そんな感じでやっていくと知らない間にカロリー摂りすぎているといったことは無くなるかな、なんて思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です