糖質制限に血液型別ダイエット法を当てはめるとどうなるのか? O型編




どうも。今日も香川県のヘソあたりからおはようございます。リンさんです。

最近糖質制限に他のダイエットのエッセンスを突っ込んで物事を考えることが楽しくなっている自分がいます。考えるだけで実践には至ってないものもありますけどね。

今回はそんな実践に至っていないものの1つをご紹介。

血液型別ダイエットと糖質制限をミックスしてみる

今回、糖質制限とミックスしてみるダイエット理論は、血液型健康ダイエットです。

皆さん血液型占いって好きですか? リンさんは大好きです。

あんな下らねー視聴率稼ぎの為に下っ端のスタッフに適当に書かせたような占いのどこがいいんだと憤慨なさる方もいらっしゃるかもしません。しかし、あれがいいんです。

当たるも八卦、当たらぬも八卦の「雰囲気ミステリアスの実際は統計学」なだけの占いに一喜一憂する。そんなヒトの姿が滑稽 ヒトの業の深さを感じるじゃありませんか。

そして今回は血液型占いではなく血液型健康ダイエットです。眉唾のダイエット法ではないですからね、念のため。血液型健康ダイエットは理論に基づいているダイエットです、多分。

血液型健康ダイエットとは?

それじゃまずは血液型健康占いとは何ぞ? というところからいきましょうね。血液型健康占いとはアメリカの自然療法医のピーター・J・ダダモ氏が血液型に注目して見つけ出したダイエット法です。

ダダモ氏曰く、「ストレスホルモンのコルチゾールや食物に含まれるレクチンが肥満の原因なんだヨ。血液型に合う食べ物を食べればこれらは増えないんだケド、血液型に合わない食べ物は増やしちゃうんダヨネー」

補足
ダダモという名前の響きから勝手に人物像を想像しています。

要するに血液型ごとに最適な食べ物というカテゴリがあるので、それを食べましょうという健康法なんですな。

血液型に合わない食べ物を摂ると?

ダダモ氏曰く、「輸血で違う血液型が使えないのと一緒でネー、レクチンにも血液型に似た特性があるんダヨ。血液型に合わない食べ物に含まれるレクチンを摂ると食後に炎症反応がおこっちゃうんダヨネー」

補足
上記のダダモ氏は勝手なイメージです。

炎症反応の例

  • 腸内にガスが充満する。腹部膨満感。ゲップが出る。
  • 腹痛、便秘
  • かゆみ、湿疹、頭痛
  • 集中力の低下。糖質摂取でも起こる気がするけど
  • むくみ。リンさん、未だにむくみがどういった状態なのか分かりませんが。
  • 疲労感
  • 咳と痰
  • 鼻がムズムズする、鼻水が出る。

と、そんな感じの不具合が出るわけです。これを出さない食材を血液型別にまとめてあるからそれで健康的になりなよユー、というのがダダモ氏の男気溢れるメッセージなわけです。

分泌型と非分泌型

その前に分泌型と非分泌型のお話もしなくてはなりません。ダダモ氏曰く、「確かにレクチンは血液型によって異なるわけなんだケド、血液型別の反応が出る人と出ない人がいるんダヨネー」

補足
上記のダダモ氏はリンさんの完全妄想です。

血液型別の反応が出る分泌型が全体の85%ほど、それ以外が非分泌型といって反応が出ない人なんだそうな。ダダモ氏のサイトから判断するキットを購入できるようですが100ドル以上しますし現実的な判断ではないでしょうねー。

そもそも本に非分泌型の方に合わない食材も記載されていますから、それを食べてお腹の調子を見てみるのが1番イージーな手段ではないでしょうかね。

O型の特徴と食材紹介

今回はO型に着目していきましょう。何故ならリンさんがO型だからです。というのだけではなく、その血液型が誕生した時間の古い順で紹介していこうと思ったからです。

誕生した時期と血液型が関係あるのか?

実は関係あります。その血液型が出来上がった時の食性や特徴などが遺伝子に刻まれているからだとする説とか、そもそも血液型によって抗体を作るシステムが異なるからだとか色々説はありますけどね。

O型は最古の血液型

O型の血液型が誕生したのは狩猟採集時代。原初のヒト(おおよそ紀元前5万年前ほどまで)にはO型しか存在しなかったと考えられています。つまりそれ以前のヒトは全員O型だったと考えられますね。

狩猟採集時代の人類が摂取していた主食を考察した記事で書いたとおり、人類は肉食性で狩猟採集時代の人類は動物の骨・骨髄・肉を主食にしていたわけです。つまりO型は狩猟採集民の傾向を最も色濃く反映している血液型といえるわけです。

その為O型は乳製品、小麦製品が身体に合いません。例としてお米、パン、パスタ、じゃがいも、とうもろこし、コーヒーなどですね。これらは意識的に摂取量を減らしましょう。

摂取目安量は食事全体の20%以下を目指します。ここまで聞いて「ん? もしかして……?」と思ったアナタはクレバーですねー。そうです。減らすべき食材と摂取量の目安から、これはスタンダード糖質制限に近いものと呼べます。

つまりO型は糖質制限に向いている血液型といえるわけですね。

しかし細部で少々異なります。まずチーズは分泌型では大丈夫な食材ですが非分泌型はチーズも身体に合いません。分泌型の場合、大豆やミソ、豆腐は大丈夫ですが非分泌型はNGとなります。

O型にとって動物性たんぱく質は最も肥満を防ぐ効果があり体脂肪を燃焼してくれます。

また別件となりますが、もう1つのO型の特徴として輸血に同じO型しか使えないという点もあります。これは違う血液型を輸血すると、その血液型を攻撃してしまうためなんです。逆をいうとO型は自己免疫力が最も高い血液型ともいえるわけです。

O型に合う食材

さて、最後にO型に合う食材を分泌型も非分泌型も含めて記載します。参考にしてくださいね。

痩せやすい食材

  • 肉類ーーーーーーー牛肉・羊肉・レバー(特に子牛)・ハツ(心臓)・・・糖質制限的にこだわりを強くするのならグラスフェッドビーフを食すべき。個人的に羊肉は九州食肉学問所のラム肉が美味しい。臭み以上に旨みがすごい。
  • 魚介類ーーーーーーサバ・ニシン・イワシ・マグロ・タラ・キンメダイ・舌平目・ニジマス・メカジキ・アマダイ・ブリ・・・お手軽簡単青魚の缶詰料理。中身をオリーブオイルで炒めて味付け塩コショウのみ。もしくは耐熱容器に缶の中身とオリーブオイルと玉子を1個、適当に塩コショウを振りスライスチーズで軽く蓋をしてオーブンで焼いても美味い。
  • 豆類ーーーーーーーあずき・黒目豆・・・黒目豆をそもそも知らない。あずきは糖質制限的にはNG食材になるけどO型は大丈夫なのかと考えてつぶ餡、こし餡を食べちゃダメよ。アレはあずきの砂糖煮浸しですから。
  • 野菜ーーーーーーータマネギ・ほうれん草・オクラ・ブロッコリ・かぼちゃ・ケール・生姜・海藻・赤唐辛子・アーティチョーク・さつまいも・カブ・チコリー・タンポポの葉・・・タマネギ、かぼちゃ、さつまいもは糖質制限的にはNG食材ですね。少なくとも量はかなり意識して食べないといけません。ケールやチコリーを単体で食べた事ないしタンポポの葉なんて食べられるの初めて知ったし。
  • 果物ーーーーーーーイチジク・バナナ・マンゴー・ブルーベリー・パイナップルジュース・さくらんぼ・プルーン・プラム・グァバ・・・フルーツは季節の旬のものを少量食べましょう。日本のフルーツは品種改良でほぼお菓子レベルの甘さになっています。更に果糖は速やかに中性脂肪になりますから食べすぎ注意です。リンさんは確実に食べ過ぎると自覚しているので食べません。パイナップルジュースは止めときましょう。パイナップル1個丸まる食べるのは困難ですが同量のジュースなら楽勝ですよね? つまり、そういう事です。
  • ナッツーーーーーークルミ・かぼちゃの種・亜麻の種・・・クルミはナッツ類でもかなり低糖質です。かぼちゃの種は野菜の項のかぼちゃに続いて再び登場。こうなるとかぼちゃは放っておけない気になるアイツに。
  • 油脂ーーーーーーーオリーブオイル・フラックスシードオイル・・・フラックスシードとは亜麻ですね。亜麻の種に続きです。こうなると亜麻は以下略。オリーブオイルは最強のドレッシングですから手放せません。
  • ハーブ・調味料ーーカレー粉・パセリ・ターメリック・・・デブにとってカレーは心の安息剤であると断言します。以上。
  • 飲料ーーーーーーー緑茶・炭酸水
  • 非分泌型ーーーーーイクラ・ウズラのたまご・マッシュルーム・ナツメグ・赤ワイン・アボカド・・・アボカド以外ほぼ食べない食生活です。

痩せにくい食材

  • 肉類ーーーーーーベーコン・ハム・豚肉・・・ベーコンやハムなどの加工品に関しては原材料に砂糖や添加物も入っているので注意なんですが、豚肉は……。豚肉、好きなのに。
  • 魚介類ーーーーーアワビ・タコ・イカ・巻貝・イクラ・・・タコとイカ、好きなのに。アワビは貧乏人は食えないからどうでもいいです。
  • 豆類ーーーーーー赤インゲン豆・白インゲン豆・レンズ豆・ピント豆・タマリンド豆・・・白インゲン豆くらいしか知らないけど、香川県民のソウルフード金時豆はどうなんでしょうか? あれもインゲン豆なんだけど……いいよ、大豆食えばいいんでしょ。
  • 穀物ーーーーーー小麦製品(パン、パスタ、ケーキ、クッキー)・とうもろこし・・・アメリカの本だから日本の情報は無いだろうねー。ここには米も含めるべきでしょう。とうもろこしは根本的に遺伝子組み換えが問題だから論外としましょう。
  • 乳製品とたまごー牛乳・バター・チーズ・ヨーグルト・アイスクリーム・ホエイ(乳清)・ウズラのたまご・ココナッツミルク・・・バター……チーズ……ヨーグルト……ホエイプロテイン……全部ダメなの? だったらどんな食材でたんぱく質と脂質を確保すればいいのか?
  • 野菜ーーーーーーインゲン豆・ジャガイモ・キュウリ・オリーブ・シイタケ・カリフラワー・アロエ・マッシュルーム・タロイモ・アカシア・ブラックオリーブ・にがうり(ゴーヤ)・アボカド・・・まさかの金時豆こちらでダメが発覚。もうブロッコリをかじって生きていきます。
  • 果物ーーーーーーオレンジ・ミカン・イチゴ・リンゴ・ナシ・キウイ・ブラックベリー・ココナッツ・調理用バナナ・メロン・・・せめてイチゴとブラックベリーくらいは……。あと調理用バナナって何?
  • ナッツーーーーーピーナッツ・カシューナッツ・ピスタチオ・ヒマワリの種・ケシの実・栗・・・アーモンドとクルミ、マカダミアナッツが食べられるからまだいいか。
  • 油脂ーーーーーーコーン油・紅花油・ヒマワリ油・ピーナッツ油・大豆油・麦芽油・アボカド油・ココナッツオイル・・・植物性油脂はトランス脂肪酸の関係で除外するとして、アボカド油とココナッツオイルも……だと?
  • 調味料ーーーーーリンゴ酢以外の酢・ケチャップ・コショウ・ピクルス・砂糖・マヨネーズ・マスタード・ウスターソース・アスパルテーム(人工甘味料)・ガラナ・コーンスターチ・デキストロース・マルトデキシトリン・グアーガム・果糖・化学調味料・ナツメグ・・・リンゴ酢以外の酢ってそもそもアメリカってアップルビネガーとかそんな感じの酢しかないけど、日本の酢はどういう扱いなんだろ?
  • 飲料ーーーーーーコーヒー・紅茶・白ワイン・ビール・蒸留酒・炭酸飲料・・・紅茶ってハーブティーもダメなの? 炭酸飲料はアメリカ的ソーダだよね? 甘いやつ。
  • 非分泌型ーーーーカニ・キャベツ・白菜・ナス・芽キャベツ・寒天・リンゴ・イチゴ・アプリコット・アンチョビ・大豆・豆乳・味噌・豆腐・ソイチーズ・テンペ・ひよこ豆・アーモンド・タピオカ・オート麦粉・オートミール・スペルト小麦粉・そば粉・キャノーラ油・セージ・ハチミツ・大麦麦芽・メープルシロップ・ステビア・シナモン・バニラ・ライスシロップ・マヨネーズ・リンゴ酢・醤油・・・非分泌型ではないから気にしないようにします。以上。

結論

以上、血液型健康ダイエットのO型の特徴と痩せやすい食材、痩せにくい食材を紹介しました。まあ何が言いたいかというと迷った時にこんな指標で遊んでみるのも楽しいよという事が言いたいわけです。

長くなりましたからこれで失礼します。最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考文献はこちら










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です