CATEGORY ダイエット理論

ダイエット理論

デブ意識改善のルール

太った身体が好きなわけではない。しかしそれだけで自分自身を認められないというのは精神的に結構辛い。だったらダイエットするしかない。でも自己肯定感の低さからダイエットの継続にモチベーションを保てない。デブの意識とは無限ループの諦めを構成するものです。それが心までデブにしている事に気付かないといけません。

ダイエット理論

フレイル予防の最大効率を目指す健康法

高齢者になるにつれ肥満より問題になるのが筋肉量の減少による運動機能の減少です。その病態の事をフレイルといい、コレを予防する事が健康的に歳を重ねる事の最も大事な選択肢であるとしています。脂肪細胞が多少ある方が長生きな事は研究によって判明しているわけですから、それ以外のリスクを潰した方が良いわけです。

ダイエット理論

コーヒーの栄養学

全ての物質は決められた機能を持っています。そしてそれを分解する際に作用と反作用が発生し、作用が優勢なら薬で副作用が優勢なら毒という風に考える事が出来ます。このように考えると依存を起こすような特殊な物質以外の全ての物質は量と頻度次第で毒にも薬にもなると考える事が出来るわけです。コーヒーも良いのか悪いのかが問われるものの1つですね。

ダイエット理論

食物繊維が人体にどのように反応するのか?

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれています。しかし食物繊維に期待される効果を知っていてもそれがどういった理屈で発揮されるのか。そもそもどういうやり方で最高の状態を保てるのかを考えなければ食物繊維だけ摂っていればいいだけでは他の置き換え食品と変わりません。栄養素には機能が存在し、それが十分発揮できる環境を知る事が重要です。

ダイエット理論

糖新生以外の糖を作り出す仕組み

人体は糖を抑制する機能は1つしか持っていません。しかし糖を産生する機能は多く持っています。これについて糖が人体に必要なものだから多機能だとする説と、それほど必要ないから人体で少量作れるようにしている説があります。この議論に決着は付いていませんが、糖質制限的には後者を支持しています。まあ確かに議論の正誤はともかく糖新生機能は実に多彩なわけです。

ダイエット理論

寒い方が代謝が上昇する2つの理由

代謝が上がるとはどういう状態でしょうか? 体温が高いほど基礎代謝が高いとするならば寒い冬場よりも夏場の暑い方が高くなりそうですが、実はそこが逆です。身体の機能を使う状態にする事でエンジンをかける事になります。エンジンが起動すればエネルギーが必要になる。そのエネルギーが増えるという事は身体の中で起こる反応の手間が増えている状態なわけです。

ダイエット理論

健康法の記事を読み解く時に気を付ける事

嘘で大げさで紛らわしい。そういった情報は世界中に溢れています。その中でも特にネットには「意図的に」そういう風に受け取るように仕向けている記事もあります。問題提起→解決法のプロセスに記事の執筆者が求める方向性が存在するのは当たり前ですが、そういった情報に必要以上に惑わされないように例を示して考察していきます。

ダイエット理論

人生100年時代を健康長寿で過ごす為の3つの戦略

これからの時代、寿命は更に延び人生は100年まで続く設計で考える必要が出てくるそうです。そうなった時に今の状況をあてはめると心身ともに満足に動ける健康寿命は60代程度ですから残りの30数年をベッドの上で過ごす事になってしまうかもしれません。そんな人生はちょっとつまらないので、自立して動く健康長寿となる為の基本的な戦略を考察します。

ダイエット理論

食品表示にスラッシュってどういう事?

食品表示とは原材料と添加物を表示した欄の事です。セイゲニストであるなら当然これらの表示で添加物をなるべく回避するか、それを参考に糖質が多く含まれているか否かを判断していると思います。実はこの表示に関わる法律というやつが変わって、食品表示は法律の移行期間という事でマイナーチェンジを行っています。何でもスラッシュだとか? どういう事なのか調べます。

ダイエット理論

どのような生活習慣がヒトを最も太らせるのか?

生活習慣を改善しましょう。運動を取り入れましょう。健康的な食生活を送りましょう。これらはダイエットをしていると耳にタコができるほど聞くと思います。しかしそれでも痩せない。自堕落な面はあるかもしれないが努力はしている。なのに何で? もしかしたらそれはアナタの中にある目に見えない太る仕組みが他のヒトより活発に働いているからかもしれません。ヒトが太る仕組みの根本原因を考察します。

ダイエット理論

ヘルシーな和食は健康に悪い? 和食の問題点を示す3つのワード

和食はヘルシーってよく聞く話です。最近でもとあるテレビ番組でBMI35を超えるようなおデブ外国人を日本に招待し和食ダイエットを行っていましたね。まあしかし和食は低カロリーです。日本人と比べるとインスリンに問題が起こりにくい為、高度肥満を発症したおデブ外人たちはカロリーを控えれば当然痩せます。論理を映像でカジュアルに誤魔化すのではなく、和食の何が問題で何が優れているのかをしっかり検証しないといけません。

ダイエット理論

ダイエットは食事が9割の根拠になる、1つのシンプルな理由

大半のヒトがダイエットは短期間に行う方法だと認知しています。その為に元の食事に戻したらリバウンドしたという「そらそうだろ」という事実に嘆いています。しかし本来ダイエットとは食生活の意味であり、食事を健康的なものへと変えて継続していくというのが正しい認識です。目に見える数値に一喜一憂したり、その部分だけに価値を見出す事が如何に世界を狭めているかも危険ですが、健康的な食事を意識できない事がダイエットに対してどのような悪影響を与えるのかを考察していきます。

ダイエット理論

ベジタリアンのまま糖質制限を行う6つの方法論

ベジタリアンと糖質セイゲニスト。この2つは菜食と肉食であるという理由から接点の無い食事であるとされています。しかしベジタリアンに多様な食事法があるように糖質制限にも多様な食事法があります。栄養学から物事を捉えた時、ベジタリアンも糖質セイゲニストも目指すべき場所が同じだという事に気付けば共存する事が出来る。その点を考察します。

ダイエット理論

ベジタリアンをやめるべき時を示す5つのサイン

栄養学から見ると菜食主義であるベジタリアンの食事はお世辞にも正しいとは言えないものです。ベジタリアンの多くが動物の命を奪う事の悲惨さから菜食を行いますが日本は少々特殊な環境です。日本ではそもそも和食という概念が菜食に近く、そこから更に厳格な菜食主義を取り入れると恐ろしいほどのカロリー制限を行う事になる為、身体に与える影響は海外のベジタリアンの比ではありません。

ダイエット理論

自信を持つ事こそ自分を最高の状態に導く。デブこそ自信を持つべきである単純な理由

リンさんは常日頃から肥満者やデブは生物学的に優れた特徴を持っていると主張しています。しかしそれは生物が生き残る上での戦略を考えた時、自然淘汰を回避できる性能を持っているからデブは優れているという事です。だから今自分に何の自信も無いデブも低過ぎる自己評価を改めましょうという話であって、デブは生物学的に優れているから多少デブでのままでもいいという話ではありません。

ダイエット理論

運動で痩せるぞ。その思考がデブのダイエットを失敗させる。失敗しない運動との向き合い方。

幼少からぽっちゃりだったリンさん。30代を向かえ徐々に丈夫な身体に陰が差し始め糖尿病だと疑われる事になります。そこで一念発起して糖質制限ダイエットを開始。でも何故運動を主体にしなかったのか? 今回はデブのダイエットで最も大事な事は体重減少という成功体験であり、運動達成という手段の成就で満足してしまうのは危険だよというお話。

ダイエット理論

誰でも手軽に手に入れられる安価なスーパーフード

スーパーフードって流行ってますよね。ですがあのスーパーフードたちは足りないと思われている栄養素を補う事を考えるとスーパーなのですが栄養学的に言うとそれほどでもなかったりします。スーパーフードと希少価値を組合わせて健康に良いようなイメージで販売していますが「レア」な食品だけがスーパーフードではないわけです。