ダイエット理論

ダイエット理論

脂肪を運動で落とそうとする時に読んで欲しい話

運動を中心とした生活だけで体重をコントロールしようとする。つまり食事を改善せずに運動を強化して痩せようと思うヒトは多いのではないでしょうか? 食事はそのままで運動で消費カロリーを増やせばいい。そう考えたはずです。では、運動で脂肪を燃やすにはどれくらい動かなきゃならないのか? 今回はそれにまつわる中々絶望的なお話。

ダイエット理論

痩せ型の体型なのに「痩せなきゃ」と思った時に知っておくべき体型の真実

痩せたいという願望は時として健康を損なうほど病的な思い込みを持たせます。ただ概ね痩せたいと思っているヒトの大半はBMI24以下の普通体型のヒトですし、それ以上のBMIを持っているとなると痩せたいと思うだけで努力をしないタイプがほとんどではないでしょうか。ただ痩せたい普通体型に共通していえることは体型のだらしなさを気にしているという点があります。今回はこの点に着目して話を進めていこうと思います。

ダイエット理論

リバウンドの仕組みが分からないまま囁かれる都市伝説

ダイエットにおいてリバウンドは避けるべき事態です。しかし往々にして多くのダイエッターはリバウンドを経験します。リバウンドの起こる仕組みを理解するだけではリバウンドを回避できないのは何故でしょうか? それはつまり仕組みを知っているから大丈夫なのではなく、大事な何かを知らないから失敗するのではないのか。そう考えます。

ダイエット理論

多品種多品目を食べる「1日30品目を食べなさい」は過去の遺物になっている件

世にある常識というものは時として既に古くなっているものがあります。しかしそれが表に出ない時もあります。特に「バランスが良い」と称されるものは否定されずに残る可能性が高くなります。「常識的に」考えて理に適っていそうだからでしょうね。そして往々にして「常識的な考え」というものは「科学的な事実」というものと異なり、ただの経験則である可能性が高いのです。

ダイエット理論

【AGEs】エイジス 終末糖化産物を考える

糖化という現象が人体の老化現象の原因であるという事が明らかになってきましたね。未だテレビなどでは糖質制限となると拒否反応が激しいわけですが、老化やアンチエイジングという観点からマイルドに糖の過剰摂取の危険性を指摘する事は許容され始めているのではないでしょうか? 今回はそんな糖化、特にAGEs終末糖化産物に関して考察していきます。

ダイエット理論

カロリーで物事を考える事が困難な理由は1つだけ。

ダイエットと言えば未だに多くのヒトがカロリー制限を採用します。カロリー制限とは栄養素全てを総量規制する無茶苦茶なやり方なわけですが多くのヒトはカロリーの持つ分かりやすい指標の魅力に逆らえません。突き詰めた真実は確かにシンプルですが、カロリーは果たして真実なのでしょうか? 今回はその辺を考察します。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話7 スポーツドリンク編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。スポーツドリンク編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話6 乳酸菌飲料編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。乳酸菌飲料編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話5 野菜ジュース編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。野菜ジュース編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話4 フルーツジュース編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。フルーツジュース編開始です。

ダイエット理論

清涼飲料水の笑えない話3 フレーバーウォーター編

糖質制限において清涼飲料水はNGな飲み物とされています。では何でダメなんでしょうか? 糖質量がダメだとして一体何でダメなのか? 原料がダメなのか? とにかくダメな理由を列挙していきます。何ゆえ清涼飲料水は目の敵にされるのか? コレを見ればその理由がわかるかも知れません。フレーバーウォーター編開始です。

ダイエット理論

生まれついてのデブつまり、エリートデブの体重減少には限界が存在する? 理想体重とは儚い幻想なのか?

悲報。幼児期からの肥満が糖質制限によって改善しても標準体重あるいは適正BMIまで下降しない可能性がある? やはり我々は「選ばれしデブ」なのか。そこに希望は存在しないのか。今回の考察を機にこの理論を打破することこそ、糖質制限によって糖尿病を抑え込んでいるリンさんの次のステップだと確信。今回はどうしてそんな悲しい現実が横たわるのかを推察。

ダイエット理論

AB型は血液型の新参者? 糖質制限との相性はどうか?

血液型健康ダイエット。最後はAB型の紹介です。性格が謎。言動と行動が一致しないなど不思議な感覚を持っている血液型とされるAB型ですが、その詳細は本当に謎です。誕生してから千年ほどしか経っていないというのもありますし、AとB両方の特性を持っているといってもどちらが色濃く出るかは個人差の部分が大きいからです。では糖質制限との相性はどうでしょうか?

ダイエット理論

血液型健康ダイエットと糖質制限を融合させる。B型編

血液型健康ダイエットと糖質制限の融合第3弾。今回はB型です。性格診断でB型といえば自由奔放、マイペースな天才肌と言われていますね。マイペース、天才肌はさて置きB型が自由奔放なのは起源に関係しているのかも? B型の起源は遊牧民族から始まったとされ遊牧民の生活スタイルから確立された血液型ですので自由奔放と言われています。糖質制限との相性はどうでしょうか?

ダイエット理論

糖質制限に血液型健康ダイエットをミックスしてみると意外なものが見えてくる。A型編

誕生年代の古い順で紹介している血液型健康ダイエットと、糖質制限ダイエットは果たして融合できるのかどうか。今回は狩猟採集時代から更に現代へ進み、1万年ほど前から始まった農耕文化の初期頃に誕生したといわれている血液型・A型を紹介します。今回も糖質制限ダイエットの懐を深くするかもしれない血液型の世界を学びましょう。