CATEGORY 禁煙

禁煙

タバコの害は本数じゃなく喫煙の有無で決まる

紫煙をくゆらすタフガイはもう昔の話。そもそも若者が思うカッコ良い大人がいなくなった世界では無理の無い事ですが、タバコを嗜むヒトは公害を撒き散らすキチガイのような認識になっています。車の排気ガスと同じ問題でタバコの副流煙は無くそうと思えば無くせるのですが、そもそも他人に迷惑をかけていないという認識の喫煙者には難しい話かもしれません。

禁煙

タバコの分煙? この議論の無意味さを考察する

タバコ議論において最も意見の分かれる所であり、妥協点だと思われているものに分煙という選択肢があります。文字通り喫煙者と健常者を分ける事なんですが、これには実に多くの無理があります。吸うヒトと吸わないヒトが共存できる社会は作り上げる事が出来るかもしれません。しかし煙を分けるなんてどう考えても無理な社会を本気で夢想している喫煙者のいるうちは絵に描いた餅でしょう。

禁煙

「禁煙はダイエットを失速させる」に隠された依存物質の恐るべき陰謀

禁煙ついでにダイエットも始めようとするヒトもいると思います。んでまあ世に出ている情報の殆どが「禁煙とダイエットを一緒にしたら食べる量が増えてダイエットは失敗した」となります。そんな場合、ついでにその後しばらくすると禁煙も失敗するでしょうね。ダイエットも禁煙も大事な事は理屈を知りプランを練る事です。行き当たりばったりにならない為の知恵を一篇お届けします。

禁煙

喫煙を止めて思うこと -噛み合わない論点に哀れみすら浮かぶわけですが-

喫煙者が語る世界の多様性とは非喫煙者の我慢の上に成り立っている世界である。もうこの事実だけで喫煙者の正当な権利という主張は崩れ去ってしまいます。いつまで被害者意識で人権を訴えるのでしょうか? 最低限守って欲しいルールにすら気づかなかった喫煙者へ向けられる健常者からの呆れが今の喫煙者の肩身の狭さに繋がっています。

禁煙

盛り上がるタバコ受動喫煙問題への議論。何故喫煙者は責められているのか? ようやく踏み出し始めた「真っ当な議論をする」環境づくり

最近になってようやくタバコの受動喫煙に関しての議論が真っ当に出来るようになってきましたね。これもオリンピック効果といえるのでしょうか。そもそも日本では喫煙者の被害者意識というのが凄まじく、喫煙者は加害者の側面の方が強いという世界共通の概念が理解できない昭和のゾンビさんばかりです。この記事で知識をアップデートして昭和のゾンビから平成のゾンビになってほしいものです。

禁煙

タバコの害を考える時に最も指摘されない視点

タバコの害って考えたことありますか? これって非喫煙者の方は考えた事があると思います。他人の吸う煙で健康被害が起こるなんて暴力以外の何物でもないですからね。しかし最も考えなくてはならない喫煙者のほとんどは考えることすらせずに今日も煙をプカプカ浮かべて自己陶酔に浸っているだけだったりします。喫煙者にこそ意識の更新をしていただきたいです。