CATEGORY 栄養学

栄養学

サーモンの栄養学

サーモンと言うと女性や子どもが好きなものってイメージですね。そういったイメージ戦略の元で商品として販売しているのかもしれませんが、ヒトは自分の身体に必要な栄養素を率先して選んでいる説を支援すると、サーモンを選ぶ理由も違ってきます。もちろんビタミン不足で糖質から十分なATPが作れない場合は食材の選別にフィルターがかかってしまうわけですが……。

ダイエット理論

コーヒーの栄養学

全ての物質は決められた機能を持っています。そしてそれを分解する際に作用と反作用が発生し、作用が優勢なら薬で副作用が優勢なら毒という風に考える事が出来ます。このように考えると依存を起こすような特殊な物質以外の全ての物質は量と頻度次第で毒にも薬にもなると考える事が出来るわけです。コーヒーも良いのか悪いのかが問われるものの1つですね。

栄養学

三大栄養素を比較してみる

カロリーになる以外の機能に関してを重視するのが糖質制限的な栄養素の理解です。しかし多くのヒトはカロリー以外で栄養素を理解しませんし、そもそもカロリーすら気にしていないヒトだっています。健全な精神は健全な肉体に宿るとは精神論の話にされがちですが、この言葉こそ栄養素を考える時に重要なものは無いと言えます。

ダイエット理論

食物繊維が人体にどのように反応するのか?

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれています。しかし食物繊維に期待される効果を知っていてもそれがどういった理屈で発揮されるのか。そもそもどういうやり方で最高の状態を保てるのかを考えなければ食物繊維だけ摂っていればいいだけでは他の置き換え食品と変わりません。栄養素には機能が存在し、それが十分発揮できる環境を知る事が重要です。

栄養学

いわゆる現行の栄養学

栄養学には糖質制限による糖質の栄養素としての問題点を新たな指標とした栄養学とカロリーを主体に物事を考える栄養学があります。カロリーの歴史の方が長いので、現行のカロリー中心の栄養学は古典栄養学であると言えます。もちろん糖質に言及していないので古典であるという意味もありますが。生活に即さなければ実用的でないのは学問でも同じ事です。そこを考察していきます。

栄養学

糖質の過剰摂取と精神の不安定 -過剰な「快」の充足は問題を起こす-

糖質の過剰摂取が害となると聞くと反意を持ってしまう事もあります。しかしバランスを重んじる観点から考えると、快楽であろうと不快感であろうと過剰な充足が身体に良くない事が理解できるようになります。糖は身体に快を与えますが、過剰な糖が与える過剰な快は果たして善なのか悪なのか? 物事は物差しを変えると見え方が変わります。

栄養学

ナイアシンフラッシュの考察と雑感

ナイアシンとはビタミンB3とも呼ばれる栄養素です。栄養素の代謝に必要であり、それ以外にも200以上もの代謝反応に必要とされる重要な物質です。体内で合成できる量も低く効率が悪いので、ナイアシンをサプリメントなどでメガドーズ(大量服用)する事で薬理効果を引き出します。その時に起こる特徴にナイアシンフラッシュ(あるいはフラッシュ)というものがあります。期待できる効果と実際の雑感などを考察していきます。

栄養学

活性酸素と活性酸素除去物質であるスカベンジャー

酸素があるからヒトを含む全ての生物は機能的な老化を発生する。随分昔に言われた衝撃的な言葉を思い出します。この言葉は実は間違いではなく、酸素は活性酸素となり生物の細胞を傷つけます。この活性酸素を除去すれば抗老化の手段となり、アンチエイジングの基本は活性酸素の除去と糖化の防止という事になります。

栄養学

健康を考える上で最も簡単な選択基準

自然なもの、不自然なもの。オーガニックであったり自然派という言葉に我々は何とも言えない特別感を感じています。しかし視点を変えれば全ての見え方が変わるのは当たり前の話であり、自然とは何かという事を自然の視点で考えるのであれば、ヒトの考える自然という意味とはかなり異なるものになります。健康的な生活というものの判断をする最小単位としての自然を提唱してみます。

栄養学

分子生物学と分子栄養学 -三石理論としての分子栄養学-

現代において最新の栄養学は分子栄養学と呼ばれています。既にある程度否定されてしまった古典栄養学の代わりになるものです。分子栄養学の最大の利点は自己実践と自主管理を信条としている点です。つまり、これらはカロリー制限のような体重減少などの理屈ではなく、実践する事で健康を管理できるという事です。自分の健康を自分で最高の状態に持っていく事こそ大事なわけです。

栄養学

ミネラルの覚書 マグネシウム&カルシウム

ミネラルは重要だ。そうだそうだと続けてきたミネラルの覚書も一応これが最後になります。マグネシウムとカルシウムはブラザーイオンと呼ばれるほど関連の強いミネラルで、摂取する比率に気をつけなくてはいけないミネラルです。利用効率を上昇させる事で過剰症に対抗できるので、効果や関連を知る事は非常に重要です。

栄養学

たんぱく質と筋肉の話

筋肉が減少する異化というものは結構深刻に考えられています。健康的な運動習慣とたっぷりのたんぱく質を摂取しない限りは健康が維持できないと思われがちです。確かにそれは健康的になる手段ですが、食事を中心に筋肉を衰えさせない方法を抑えた上で手軽な運動を行う事でも維持管理は可能です。運動が全く不要というわけではないんですけどね……。

栄養学

加工された野菜と栄養素の話

栄養学を知っていくと加工食品というものが如何に栄養を無駄にしているのかを理解する事になります。胚芽やモミの付いた状態からそれらを取り除きビタミンやミネラル、食物繊維を排除した白米になったりとかそういったものです。最も、胚芽のある状態では植物特有のドクも多く持っているので消化に問題が発生するわけですが……。加工する事で恩恵もありますが、加工しすぎても良い事は無いってことですね。

栄養学

ミネラルの覚書 鉄

ミネラルの中で最も重要な物質。それが鉄です。人体に関係無い所から例えても地球上で最も高含有されている物質であり、地球上の動物は全員持っている物質です。鉄とは代謝の基本物質であり、生命活動の全てに関与する物質です。その鉄がヒトの身体から地球という具合に大規模な循環を繰り返す事で生命は繋がっています。つまり意識的に鉄を摂取する生活をしないとヒトの身体からは簡単に鉄が流出してしまうという事です。

栄養学

ビタミンD 覚書

ビタミンDは今最も研究されているビタミンです。太陽のビタミンと呼ばれるもので、その生成経路がかなり特殊なビタミンです。食事からの摂取よりもその特殊な経路によって生成される事からビタミンというよりもホルモンのような働きをするのではないかとも言われています。日に当たらなくなった、日焼け止めを使うようになった現代人への警鐘になるのかもしれません。