スキンケア

スキンケア

口内ケアの正しい方法と正しくない方法

口内環境を正常に保つ事は重要な事です。歯が存在している事で健康を維持できると考えられていましたが、それに追加して口内環境での人体常在菌の強さも健康に寄与していると分かってきたからです。人体に侵入するほとんど全ての異物の入口である口はやはり免疫においても重要な役割を果たしています。その働きをダメにしてしまうケアもある事を考察します。

スキンケア

風呂は何故疲労を解消するのか? -温故知新の話-

お風呂は身体に良い。汚れを落とす為のスキンケアという観点から見れば、入浴時間が非常に長かったり全身浴ではなく半身浴を行うのは好ましくないですが、身体に良いかどうかと聞かれればそれは確かにそうですと言えるものです。お風呂の話から温故知新という言葉をどう捉えるのか考察します。

スキンケア

歯を失わないためのハミガキのコツ

口中の環境が悪化する事と身体の各種不具合は相関していると言われています。という事は歯を失うことは非常にリスキーであると言えます。歯を失う最大の原因は口内環境の悪化です。それを防ぐには食品によって引き起こされる酸化をどれだけ抑制できるかどうかにかかっています。となるとやはり、食事由来の酸化原因を避ける事と歯磨きによるメンテナンスが必要になってきます。

スキンケア

アレルギー治療はアレルギー物質を少量摂取から始める時代

今、アレルギー治療が新たな段階へと進んでいます。そもそも何故ヒトはアレルギーになるのかという所から変革が起きているアレルギーの世界。ヒトがこの世界で色んなものと共生しているという事実が分かるようになります。今こそ不衛生の実践そして、危険な物質の完全な忌避を止めるべき時かも知れません。

スキンケア

ホームレスにハゲがいないのは何故なのか? 不衛生という生き方を考える

キレイな身だしなみ、清潔感のある服装は社会で求められるマナーですから必要ですが、必要以上に潔癖な感覚というものが逆にヒトを最近に弱くしているという現実があります。汚いと思って消毒した結果、更に汚い状態になるというのは皮肉ですが笑えません。ではどの程度不衛生である事が望ましいのか? キレイという概念を再度考察します。

糖質制限とスキンケア -検証人数N=1の報告-

良い香りでも匂いすぎれば臭くなり香害、臭いニオイは当然の事ながら臭害と呼ばれてニオイをエチケットとして気にするヒトは増えています。そんな中、リンさんが目指すは無臭男子です。糖質制限、シャンプーレス、洗顔レス、ハンドクリームレス、リップクリームレス。ありとあらゆるスキンケア化粧品を日常から極力無くしていく奮闘記です。