今日はアーモンドについて語る日です




おはようございます。リンさんです。

過日、1月15日は「いいイチゴの日」でした。糖質制限の内容に即した良い日だからっつーことで、いちごについて書いたわけなんですが。

糖質制限といちご -糖質制限でフルーツ食うならベリー系1択-

2018.01.15

1月23日はなんと「アーモンドの日」だそうです。2008年にカリフォルニア・アーモンド協会が制定した記念日です。

由来は女性が1日に摂取するアーモンドの理想量が23粒だからだそうです。そんなこんなで今回はアーモンドについて。

アーモンドの栄養価

アーモンド23粒での栄養価は以下の通りです。

エネルギー 138kcal

たんぱく質 4.28g(17.12kcal)

脂質    12.47g(112.23kcal)

炭水化物  4.53g(18.12kcal)

ナッツ類ですから皆さんご存知の通り内訳として圧倒的に脂質が多いですね。アーモンドの脂質は主にオリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸です。

身体に良いとされるアブラですね。オレイン酸8割、オメガ6系脂肪酸2割といった割合でオメガ3系脂肪酸はほとんど含まれていません。微細栄養素としてはビタミンEビタミンB1B2マグネシウムカリウムなどが豊富に含まれています。

またナッツ類は不溶性食物繊維も豊富に含まれています。不溶性食物繊維の主な働きは便の嵩を増すことで腸内の蠕動運動を活発にさせ、スッキリ快便をサポートする事です。

ナッツ最大の問題点

身体に良い油を豊富に含み、ビタミンEの抗酸化作用、ビタミンB1とB2の代謝促進効果、マグネシウムなどの各種ミネラルを豊富に含み天然のマルチミネラルとも言われ、食物繊維を豊富に含み便通の改善も期待できるアーモンド。

アーモンドのようなナッツ類は健康を増進する食材と言えます。しかし当ブログはデブによるデブの為の高度肥満症とそれを患う生活習慣の改善を考える事が目的ですからこれでは終われません。

何故ならナッツ類をダイエットに取り入れた結果として、ダイエットを失敗してしまうという経験談はそこかしこに転がっているからです。

アーモンド食べ過ぎ問題

ナッツ類最大の問題点は食べ過ぎてしまう事です。女性で1日23粒ですから男性だと30粒といったところでしょう。

しかしナッツ類はその摂取量を平気で飛び越えてしまうほどに食べ過ぎます。素焼きのナッツですらほのかな甘みとカリカリとした食感で食欲を増進させます。

単純に美味し過ぎることが問題となるわけです。

ナッツ類を食べ過ぎると起こる変化

①1日3食に更にナッツ類をプラスしてしまう

空腹を感じると食事をする。これがヒトの基本的な行動ですが、太るという事は食事に関して「食欲」に任せて食べてしまういう原因があります。

ナッツ類を食べると豊富な食物繊維が膨らみ空腹感を抑えてくれます。しかしそこで食欲に任せるようになると通常の食事も満遍なく摂取するようになります。

通常の食事には主食が含まれている場合はほとんどでしょうから、そうなると身体は糖質を代謝する為にフル稼働します。

そこにアーモンドなどのナッツ類を取り入れると身体は消化にずっとエネルギーを割いている事になるので、脂肪の燃焼にエネルギーが回りにくくなります。

その結果、太りやすくなると考えられます。

②ニキビが出来る

ニキビが最も出来る理由は糖質の過剰摂取による脂質代謝の低下です。しかし糖質を摂取しなければニキビにならないと言うのは嘘です。

ニキビは代謝し切れなかった脂質が皮膚に出てきているわけですから、食べ過ぎて1度に大量の脂質を摂取する事でも出来ます。

③快便を通り越す、あるいは便秘になる

食物繊維は便の嵩を増し、スッキリとした快便を与えてくれます。嵩が増えた便が腸壁に触れる事で腸の蠕動運動が起こり、その結果として便がスムーズに排出されるからです。

ナッツ類を食べ過ぎると便の嵩が増えすぎてしまい、1日に何度も便意を催すという事が起こります。腸内がサッパリすると思いがちですが1日に何度もトイレに駆け込むということはそれだけで疲れます。

反対に、もともとが便秘であった場合は嵩が大きくなり過ぎた便が腸内で硬くなり更に頑固な便秘になる可能性があります。

まとめます

  1. ナッツ類は身体に良いアブラ、豊富なビタミンとミネラル、食物繊維を含有する健康的な食材
  2. ナッツ類最大の問題点は食べ過ぎてしまう事
  3. 食べ過ぎの問題点は3つ
  4. カロリー過多による肥満
  5. 脂質過剰摂取によるニキビ
  6. 食物繊維過剰摂取による異常な便意もしくは便秘
  7. 食欲に負けてしまい太ってしまったデブはナッツ類の取り入れには慎重に

最後まで読んでいただき、いつもありがとうございます。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です