魚が身体に良い事を指摘する栄養素のお話




おはようございます。リンさんです。

最近は血糖自己測定器の扱いにも慣れてきた気がします。空腹時血糖の平均値は85ほどで最小で72、最大で90ほどになりました。食後血糖値も110を超えること自体が珍しく、糖質制限ちゃんとやってるやんとちょっと悦に入っています。

ただ1食25gの糖質摂取をした際に46pほど血糖値が上昇したため1gで2pの血糖値上昇幅でしたから健常者とは言えないようですが。これからも、すい臓内ランゲルハンス島でインスリンさんには長~いバカンスを楽しんでいただこうと思います。

DHAよりもEPA摂取が大事な理由

青魚のアブラと言えば血液サラサラ効果が期待でき、更に脳機能を向上させる働きがあるというのはもう有名な話ですね。肉食中心の欧米やアメリカでは青魚摂取の重要性が確かに謳われていますが、そもそも日本は海洋国家です。

魚が積極的に食卓に上るお宅ではそもそも魚のアブラをほとんど毎日摂取していますから、サプリメントなんかは必要ありません

ここでは魚がそれほど好きではない。あるいはタマゴとお肉中心の高たんぱく脂質食をしているセイゲニストの面々。様々な理由で魚を摂取しないようにしている方々へ向けてのお話となります。

①DHAとEPA摂取では目的が違う

この2つの成分は同じ青魚のアブラに多く含まれているという理由から効能も同じと思われがちですが、それはちょっと違います。

どちらの成分も重要なものですが、人体に作用する場所や効果が異なるわけです。

以下ではそれぞれの具体的な効果について書いていきますね。

DHAだけが脳の神経系に作用する

DHAはEPAよりも研究が後発となるため効果効能は研究段階のものも含まれます。その中でDHAの効果だとされているものが、脳の神経系に作用するというものです。

DHAもEPAも摂取した後は小腸で吸収され肝臓へ送られます。肝臓から血液に乗ったDHAは脳の神経系の成分となるため血液脳関門を突破します。血液脳関門は非常に強固な壁で様々な物質を遮断します。それを突破できる物質はそれほど多くありません。

EPAでは血液脳関門を突破できないので脳の神経系に作用するのはDHAの方だけと言えます。脳内へ入ったDHAは特に記憶や学習能力を司っている海馬に集められるため脳の活動を活性化する作用があると言われています。

あやふやですねー。「とされている」ばっかりで確定しているものが少ないのがDHAの効能なわけです。

EPAは血液サラサラ効果がDHAよりも高い

血液がドロドロになる要因として中性脂肪濃度や悪玉コレステロールの増大などが上げられています。ホントの所、血液をドロドロにしているのは高血糖とそれに付随する糖化と炎症反応なわけです。

この血液ドロドロの動脈硬化や高血圧症の状態を改善するのはEPAもDHAも同じですが、やはりアプローチが異なります。

DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きにより血流を促します。障害物(血栓)が血管内にあっても血流に含まれている物質自体を柔らかくするから血液がサラサラと流れていくという仕組みです。

一方のEPAは、高い血小板凝集抑制作用により血栓をつくらせないことで血流をよくします。EPAは障害物(血栓)そのものを作らせないので血流の成分を柔らかくして血流を改善するDHAより効果が高いと言われているわけですね。

②DHAは体内でEPAから合成できる

体内においてDHAはEPAから合成することが出来ます。

よってEPAをしっかり摂取していればDHAが不足するという事態は起こらないと考えられます。しかし、EPAは外部からの供給が無くなるとどんどん減少していってしまうので積極的に摂取する必要があります。

魚を食べる際またサプリメントを選ぶ際はEPA含有量の多いものを選ぶと良いでしょう。

魚アブラ摂取の目安量

またあくまで目安ですが魚アブラの摂取量の目安は、オメガ3脂肪酸の1日必要量として2g程度としています。これはよほど魚好きでなければ達成できない数値で、マグロのトロ、ブリ、サバ、イワシ、サンマ、ウナギで100gぐらいの摂取量が目安となります。

しかもその中でEPA含有量がDHAを上回っている魚はイワシだけです。オメガ3脂肪酸吸収量は、生食→焼き・煮る(生食の20%減)→揚げる(生食の50%減)の順番に低下していきます。理想は生食の刺身ですが毎日刺身100gといえば結構な家計負担になります。

サプリメントでお手軽に摂取する

リンさんのように魚が苦手あるいは魚は高くてそんなに食べられないという方ならサプリメントでの摂取が最も手軽だと考えられます。

サプリメント選びの際、日本のサプリメントは食品扱いで外部審査が存在しないため内部審査のみの安全基準であり、その点でやや信用性に欠けます。

また成分量が少ない割にお値段が高めのものも多いので継続が困難です。

ことサプリメントなら、アメリカのサプリメントが外部審査と安全基準が設けられているので1番信用の置けるものです。

個人輸入ならアイハーブが1番ですが、そちらで関税がかからないように考えるのが面倒であればアマゾンが最も便利ですね。

ちなみにリンさん愛用のオメガ3サプリメントはコレ。

まとめ

効果効能を云々以前にDHAは体内でEPAから合成される

だからEPAをしっかり摂取しよう。そうすれば万事解決。

DHAが摂取したい?

大丈夫。どんな魚でもサプリメントでもDHAとEPAは同時に摂取できる。

だからEPA含有量の多いものを選択しよう。それがベスト。

最後まで読んでいただきありがとうございました。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です