2017年 自分自身の糖質制限を振り返る




おはようございます。リンさんです。

土日は更新お休みしちゃうスタイルのリンさん「の」、おそらくこれが今年の最終更新分になると思います。が、最後までマイペースに糖尿病の話題でも……。

フリースタイルリブレという機器が発売され血糖値の自己測定に革命が起きています。ざっくり説明すると針の付いたセンサーを身体に差し込んだら2週間血糖値のモニタリングをしてくれるという夢の機械です。

いちいち指先に針を刺して血液採取してという手間も、指に針を刺しすぎて何だかジンジン痛む時があるとかって事も、指先に内出血でツブツブが発生するとかそんな事ともオサラバです。

保険適用になりⅠ型糖尿病もⅡ型糖尿病も手が出しやすくなりました。しかしリンさんは正常人……いや一応、隠れ糖尿病予備群ですから保険適用外で購入しなくてはなりません。

糖質制限推奨で理解のある医者が香川にあんまいねえからどこで手に入れようかな~なんて思っていましたが、なんと宗田先生の所で注文できるようです。

世間的にはどうにもこうにも武士は食わねど高楊枝といいましょうか清貧を以って尊しと為すといいましょうか、医者が商売することが気に食わないヒトが多くて困ります。患者の欲する治療と患者の欲する商品を提供することはほぼ同義だと思うのですが。

リンさん、リブレは宗田先生のところで買う事決定です。お金貯まったらすぐ購入ですよ。長期の断食実験とかプロテイン頻回摂取時の血糖値変動実験とか自己測定ブドウ糖負荷試験とか夢が膨らみますね。

2017年は個人的な変革の年でした

2017年の初頭に健康診断結果を元に産業医面談を行う必要が発生した事で、真面目な血液検査というものをおよそ3年ぶりくらいに実施しました。

当時の体重は103キロ、かな? 体脂肪率は34%、かな? とにかく高度肥満症。肝機能も脂肪肝と言われている始末。尿糖に至っては+3

血液検査の結果はHbA1cが7.1%糖尿病疑いのライン6.2%。30代男性平均に至っては5.2%。間違いなき糖尿病疑い。

食事療法と運動療法だけならともかくインスリン製剤の説明もされる。ブドウ糖負荷試験の結果次第ではすぐさま投薬といった感じでしたね。

2つの出会い

そこで今年最大の出会いをします。まずは糖質制限です。

糖質制限を開始して半年間。とにかく体重は減少の一途。体調も体感でどんどん良くなっている。身体のネガティブな反応もあったけど、それは起こるもんだと学んだおかげで気にしないでいられました。

そして2度目の糖尿病血液検査。

糖尿病関連の数値を血液検査で確認してきました。糖質制限開始から半年の中間報告。

2017.08.28

ものの見事に数値改善。改善することは分かっていたけど結構ドキドキでしたね。そこから更に糖質制限にハマッていきます。

MEC食、ケトジェニックダイエットなどを経てきましたが、この頃から断糖方向へシフトチェンジ。栄養素を学んでいく傍らで更に衝撃的なもう1つの出会いをしました。

それが三石巌先生の分子栄養学。藤川徳美医師やオーソモレキュラーの存在を知り、そこにもハマっていきます。

そんなこんなで年末の健康診断に望みました。

糖質制限開始して約1年。血液検査を含む健康診断結果の報告。35歳付加健診

2017.12.04

正直、糖尿病疑いが出てくれて良かった

病気になる、病気の疑いがあるって嫌なもんです。それでもリンさんは糖尿病疑いと言われて良かったなと感じています。

まず、糖質制限と出会えた事。コイツが糖尿病治療の根本的な食事療法だという事は大きかったです。効果が大きいというのもモチベーション維持しなきゃいけない初期の段階ではあり難い存在でしたね。

そして糖質制限を学んでいく中で個人差や自分の身体ではどう反応が起こるのかを知ろうとする事の重要性を知り、そこから学んだ上で選択することが最も大事な事なんだなと理解しました。

その大事さを学んだ上で出会えたという意味で糖質制限と同じくらい最高の出会い方をした分子栄養学。学べば学ぶほど面白い理論にハマっていきます。

しかも最後は実践の中で自分のベストを見つけ出さなくてはならないという楽しい宿題付き。

学びの年

2017年は学びの年でした。仕事の方はというと、それほど順調でもなかったんですけどね。とにかく糖尿病疑いになってむしろ健康になれる可能性や幸せになれる可能性が上昇した気さえします。

2017年年末時の体重は80キロ、体脂肪率は25%です。BMIは30をようやく少し切ったくらい。道のりはまだまだ始まったばかりといった感じですね。

2018年の2月で丸1年ですから、2017年年末までのおよそ10ヶ月で体重23キロ、体脂肪率9%分の減量に成功しているというわけです。

これからだ本番といったところでしょう。成人前からBMI30辺りをウロウロしている幼児期からの肥満症人間は本気で痩せにくいですから。

個人的な来年の目標は、

  1. 糖尿病予防、その他様々な病気予防の為に糖質制限を続ける
  2. 代謝安定、病気予防の為に分子栄養学を続ける
  3. 人生初の標準BMI体型を目指す

この3つを楽しみながら続けることですね。

本年も当ブログのご愛読、ありがとうございました。来年もどうぞ末永くよろしくお願いいたします。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です