心の在り方

三十六計逃げるに如かず。ストレスは基本回避する方向性を持つという事の重要性

現代社会で逃げるという事は否定的な印象をもたれます。生命の危機に瀕するようなストレスに晒されているのに逃げることが出来ない状況だって有り得るというのに他人は非常に無情です。逃げるという事は結果に対し自分で責任を持つという行為が伴います。アナタの苦しみはアナタにしか分からないのですから、責任を持って逃げを選ぶのもまた命を守る大事な行為です。

糖尿病

清涼飲料水の笑えない話 追試編~ペットボトル症候群~

清涼飲料水の笑えない話の追試編です。何故ペットボトル飲料を飲む事が危険なのか? 高血糖を招くから? それだけではありません。異性化糖添加のペットボトル飲料の摂取はⅡ型糖尿病患者はもちろん健常者も気をつけなくてはならないのです。今回はその理由を記事にしますね。

クスリのリスク

クスリのリスク フッ素の致死量について

クスリのリスクという回文があります。これが真理をついていてクスリというものは悪い効果を消すのではなく、悪い効果も良い効果もまとめて消す作用を持っているものです。有名なものは抗生物質で、ウィルスを殺すのと同時に免疫も傷つけたりといった具合です。クスリは危険性を理解していないと悪い効果の方が症状を酷くする場合もあるので注意が必要です。

糖質制限知識

糖質制限において主食を何にするのか問題は避けては通れぬ

糖質制限は主食や甘いもの等の糖質摂取を管理する健康法です。糖質過多な生活で偏ってしまった身体の不具合を治すことで健康的な生活を取り戻すことが出来るのですが、主食を止めてもなお付きまとう問題があります。それが何をメインで食べるべきなのかという問題です。今回は主食として栄養価の高いものをチョイスして考察します。

糖質制限実践

たんぱく質を見直すため、久しぶりに戦略会議開始。

肥満とは代謝異常です。異常なレベルにある代謝を正常だと身体が認識している状態だと考えます。つまりその異常な状態で作り上げられた組織そのものを作り変えることが出来るなら、そこから代謝は少しずつ正常化していくのではないだろうか? そう思ったところから考察が始まりました。捨てる前にまずは満たす。ヒトは実に巧妙に出来ている。

食物

糖質制限中にソーセージを選ぶ際の最もシンプルな基準

糖質制限+タンパク脂質食+鉄分補給+分子栄養学のメガビタミン・ミネラル。この健康法へ行き着くと普段の食事が肉食あるいはタマゴ食中心となります。タマゴはまあ何とかなるんですが肉は時々調理が面倒になる時があります。そんな時にお世話になるのがソーセージ。今回はソーセージの選び方をお送りします。

栄養学

肥満が痩せにくい、とある1つの理由

肥満とは厄介な症状です。ただ太っているだけの状態ならどれだけ救いがあるか。肥満症の最も重大な問題は代謝異常を起こしていることです。つまり通常の代謝反応を行っている健康な肉体と比べて栄養素を貯めこむ傾向にあるということです。不要なものを貯めこめばそれは当然ゴミですが必要なものも貯めこめばそれはゴミとなります。

糖質制限知識

女性限定 糖質制限で理想の体型へと向かう3つの方向性

糖質制限は理想的な健康法であり、その恩恵で健康体になれるという計り知れないメリットがあります。しかしそんな糖質制限にも弱点や欠点は存在します。それは女性の憧れるメリハリのあるボディラインは作れないという事です。より正しくは豊満な乳房と美しい臀部ですが。しかしこれを解消する糸口を最近見つけて独自に考えてみました。ここにその妄想を全て書き残します。

栄養学

魚が身体に良い事を指摘する栄養素のお話

魚油、フィッシュオイルのサプリメントと言えば成分は何でしょう? という質問があれば健康知識のある方なら大半がDHAと答えると思います。事実、日本のサプリメントやそれを宣伝する媒体のほとんどがDHAの重要性を説いているものばかりです。一方、EPAの方はと言うと何だか脇役のような扱いになっています。今回もまたそのような常識を打ち壊そうと思います。

心の在り方

たった1つの考え方だけで自分の人生を歩んでいるかどうかを判断する事が出来る

日本人は変な人種です。全体的な大枠の考え方としての常識があり、それをどう理解するのかを個人の判断にしています。ここまでは普通に聞こえます。その個人の判断という時の個人とは本当に個人というわけではなくどこかに所属している個人なのです。これこそが日本人が変な理由であり日本人が最も強みとする個性となるわけですが、その個性が無くなってきていやしないかい? というお話。

心の在り方

食事を変えるという事が何故こんなにも困難なのか?

糖質制限を始めてから生活の内容が本当に様変わりしたなと感じます。根本にある怠惰な性格はあまり変わりませんが、本を読み漁り知識を集めたり、血糖測定器を買って遊んでみたり、食事内容がもはや別人のようなものになったりと色々です。今回は糖質制限食に限らず食事を変えるという事はライフスタイルを変える事で、それはやはり抵抗あるよねというお話。

糖質制限知識

「血糖値がなるべく上がらない食事」だけではちょっと不十分な話

血糖値が上がらないようにすれば自然と痩せていくし糖尿病も良くなるし健康的にもなっていく。これは真実です。しかしここから更に1歩を踏み込み「健康」そのものを考えた時つまり病気の予防を考えた時、より予防力の強い手段を講じたくなるのがヒトの業というもの。今回は血糖値がそれほど上がらないからって低糖質なものを好んで食べていませんか? というお話。

ダイエット理論

カロリーで物事を考える事が困難な理由は1つだけ。

ダイエットと言えば未だに多くのヒトがカロリー制限を採用します。カロリー制限とは栄養素全てを総量規制する無茶苦茶なやり方なわけですが多くのヒトはカロリーの持つ分かりやすい指標の魅力に逆らえません。突き詰めた真実は確かにシンプルですが、カロリーは果たして真実なのでしょうか? 今回はその辺を考察します。

雑論

共感する心という言葉に対して思う割とどうでもいい話

時にはダイエットとか糖質制限とか関係ない話題をぶっこみます。しかし日記のようにならないように問題を提起できる内容を心がけつつ毒を吐くというスタンスを崩さずに。共感というヒトに備わった素晴らしい協調のシステムを利用し、時に最悪の形で発現させるおバカさんがいることに最近並々ならぬ恐怖を感じます。