糖質制限知識

糖質制限を知るシンプルすぎる1つの方法 MEC食編

今回はMEC食の考え方、実践の仕方などを読み解き、ダイエットに役立てようと思います。しかしリンさんを含め多くのヒトが勘違いしているのですが、MEC食は糖質制限食とイコールではありません。糖質制限が治療の観点であるならばMEC食は予防の観点からの発想で出来上がった食事法なのです。違いを知ることもまた知識を深める手段なのです。

糖質制限知識

糖質制限を知る為のシンプルすぎる1つの方法。

今や糖質制限界隈は隆盛を極め沢山の糖質制限流派がひしめく状況となっています。そんな中でダイエットにどの糖質制限を役立てればいいのか? よく聞く正しい知識を持った糖質制限とは何なのか? その辺を流派別に理解しようと思います。まず最初は糖質制限の生みの親、江部康二医師から始めましょう。

雑論

プロテインとサプリメントは自然な食べ物足りえるのか? かなり無理がありそうな命題に挑んでみた。

常に考える姿勢は大事だよ。情報・教育・思考といった面から日本は既に貧困社会となっています。単一の分かりやすい情報を有難がるのではなくて、それがどういうものなのかを考える事をはじめましょう。それこそ、まずは自分の健康から。

雑論

人為的な加工が加わり過ぎた不自然な食べ物を考えてみる。知ることから思考が始まる。

糖質制限を始めるにあたって学び始めた栄養の考え方。充足させることと、過剰に供給されることの違いにも気付き始めたリンさんです。今回のテーマはずばり不自然な食べ物。栄養を満たす事、栄養を知ることは思った以上に困難です。だからこそ出来るだけシンプルに考えていきたいと思います。

糖質制限実践

デブ意識つまり食い意地に負けた1ヶ月。空腹を意識するやり方はストレスがマッハだと理解したので別の方法で何とかしようと画策する。

リンさんの糖質制限も形が出来上がってきたので、ここらでいっちょ崩してみましょう。何が大事で何が余計で何を選ぶべきなのかを考えると、重要だと思って摂り入れたものが既に役目を終えていることに気付いたりできます。栄養を考え直そう。今回のテーマは「不自然さ」でお送りします。

糖尿病

全ては結果への理解を間違えると起こるという事を自戒とする事の意義

前回がコレステロールについての新常識。そもそもコレステロールが悪者っていうのが勘違いだったんだよって話をしましたね。今回も似たような構図だったので連続してご紹介します。今回のテーマはケトン体。ひと昔前までは糖尿病における「死」の象徴のように扱われていた物質ですが、最近の常識では死神からマジ神にクラスチェンジしたみたいっすよ?

栄養学

コレステロール悪玉説を端的に覆す、国が提出している1つの証拠

今回は糖質制限あるある第2回としまして、前回のカロリー関連の話に結びつく脂質とコレステロールの関係について考察します。糖質制限を始めると糖質を減らすのは当たり前なんですが、よく脂質まで制限してしまうヒトがいます。これに関しても第1回目のカロリーと同じ「常識」という名の鎖が存在します。というわけで今回も常識をぶった切ります。

検査結果

糖尿病関連の数値を血液検査で確認してきました。糖質制限開始から半年の中間報告。

糖尿病の疑いがあり再検査を行った日から約半年。血液検査の結果をもって半年間の糖質制限の糖尿病への結果をご報告いたします。惜しむらくはコレステロールや中性脂肪などの値を見てもらうように依頼するのを忘れていたことです。香川の片田舎で糖質制限を推奨するリンさんの半年間を数字で評価します。

香川県

うどん王国、香川県が実は砂糖王国である事を示す文化的理由

四国は香川県の名物といえば讃岐うどんです。そして、讃岐うどんを代表するように香川県は糖質過密地域でもあります。うどんの食べ方のバリエーション、煮物の味付け、名物しょうゆ豆、お正月の白味噌あんもち雑煮など、大阪が粉モノ文化なら香川県は糖質文化です。今回はそんな糖質過密地域をお遍路さんの視点から考察してみようと思います。

糖質制限あるある

糖質制限においてカロリー制限が不要な理由。そしてカロリー制限が必要になるタイミングを考えてみる。

何故でしょう? 急に糖質制限のあるあるを曲に乗せて歌ってみたい気分になりました。しかし、本家の芸人さんのようなスタンスで紹介すると記事の内容薄々過ぎて話にならないので、真面目にいくつかのネタを放り込みます。で、本文で実際にやってみて思ったのですが、これ糖質制限あるあるじゃないやん。糖質制限よくある(質問・疑問)やん。

香川県

糖質制限こそ糖質に関して真摯に向き合っている

糖質制限への否定的な意見は今も強く、バランスよく食べよう、とか糖質は必須栄養素である、といった常識を打ち破ることが出来ていない現状があります。今回は糖質制限における糖質との付き合い方を考察していこうと思います。糖質制限では糖質が全て悪いものではないと考えていることを知っていただければな、と思います。

栄養学

糖質制限が子どもにもたらす良い影響を考察できる2つの軸

ヒトの体はカロリーで出来てはいない。カロリーを含む食材であり、栄養素から構成されています。カロリーコントロールが叫ばれて久しい昨今ですが、本当にカロリーだけでヒトの身体を考えていいのでしょうか? 栄養素、人体の構成要素、血糖値コントロールから見る糖質の必要性。その全てが今、糖質は必須栄養素ではないという事実を導き出しています。

香川県

食の多様な選択肢が無い国ニッポン。子どもの未来を憂う親に選べるのは自己責任という名の食事法だけ

管理人は香川県に住んでいます。2017年2月に糖尿病を発症し、現在は糖質制限を行っています。今現在、香川県は子どもたちの糖尿尿に関して、県を上げて取組んでいるわけですが、その方向性に違和感を感じます。そこで、今回は「子どもの糖質制限」をテーマにお送りしたいと思います。第1回は、糖尿病と糖質制限の現状確認を行いたいと思います。

糖質制限実践

生まれながらのデブ。つまりエリートデブが自らの内に棲むデブ意識を飼い慣らし、腹へってないのに食べるというパブロフのデブ状態を克服しようと思い至る。

8月度の糖質制限は、どうしましょうかね。停滞期を乗り越えるために、ちょっとばかし刺激が欲しいところです。そんな時、突如として目覚めるリンさんの中のアイツ。そうだ、アイツを飼い慣らすことが出来なければ、リンさんに未来は無い。そう。これは痩せると決意した瞬間から宿命付けられていた、アイツとの戦いの始まりなのだ。

雑論

今回も色々勝手に語ります。脂肪も老化するという話を知った時の絶望感たるや。

憧れのヒトは毒を吐くヒトではありません。どこまでも腹黒かった男性上司と、相手を受入れつつ厳しさを持った思いやりで接することの出来る女性上司の2人です。どうでも良い情報を垂れ流しにし、それについてダラダラと語るどうでもいいコラム再びです。これを読んでも良いことはまったく無いこと請け合いですが、リンさんの生態を知りたいという奇特な方には好評だとか、そうでもないとか。

栄養学

糖質制限で糖質の摂取を控えるのは脂質メインで代謝する身体にする為。なぜ脂質代謝にするべきなのかを初級セイゲニスト目線で考えてみる。

今回は糖質制限理論のキモ、脂質代謝へのクラスチェンジについて語ります。我々の身体は糖質を大量に摂取する生活の中で、糖質をエネルギーとして消費するため糖質代謝を基本としています。それを脂質代謝へと変える事が、糖質制限が成功するか否かの分かれ道であると言っても過言ではありません。