urutyannさんによる写真ACからの写真雑論

争いは集団規模に比例して過激化する

アイキャッチ画像は urutyannさんによる写真ACからの写真 です。ヒトの知性による治世こそが平和を齎すと思われていますが、集団心理的に読み解けばこの考え方だけでやっていこうとするのは危険だと言えます。過去の過ちから学ぶなどヒトは到底出来ない生物ですが、なまじ知性がある為にその野生を舐めて掛かっているのかもしれません。

糖質制限知識

糖質制限でフラフラになってしまうのは脂質からのカロリー摂取不足……だけじゃない

糖質制限はライフスタイルという捉え方が最もしっくり来る考え方です。それというのも糖質制限の知識を深め、それを自分に適応できるようにならないといけないからです。こういった点はベジタリアンでも何でも同じなわけです。そしてその中で問題が起こるようであれば、それを考察し検証し是正していけばいいだけの話なんですが、中々難しいものがあります。

人類史

人類の食性を考察する時、なぜヒトによって意見が異なってしまうのか?

ヒトが物事を判断する基準は人生で培ってきたもの、知り得たもの、そしてこうであって欲しいという願望から行われます。しかしそれは端的に言ってただの「思い込み」なわけで、なかなか「思考」にまで至らないというのが事実です。練り上げた思考でどんな知識を選択するかが自分次第ですが、その前提がおかしいと全てがおかしくなっちゃいますからね。

糖質制限知識

糖質制限すると筋肉が分解されるという理屈は、要因と結果を無理矢理繋げただけで原因の考察がされていない

常識だけではなく、ヒトの見るものは全てヒトそれぞれの価値観に左右されます。「有り得ない」と思う事こそ最大の思考停止であり、だからこそ世に数多存在する専門家ほどこのジレンマに気付かず過ごしてしまいます。専門家の意見ほど、より多くの判断材料となる情報を持った上で判断しないといけないわけですね。

心の在り方

誰かの喜びを基準にしても自分自身が不幸になるだけ

自己肯定感を高める生活や意識といったものは、ともすれば自分勝手であったり身勝手であったりといった印象を与えてしまいます。しかし相手の顔色を病的なまでに気にするように仕向けているのが日本の情操教育である観点から、そういった事が気になってしまうだけで、実は相手は自分の事を気にも留めてないですし、自分が敏感に感じるほどヒトの悪意など存在しません。

雑論

他人の問題にだけ注意を払い、自分の問題を認識できない日本人の老害と劣化

声を上げない日本人は国際社会でバカにされがちです。しかし往々にして、日本人が口を開くと薄っぺらいどうしようもなく中身の無い主張をしていたりする事もまた事実な訳です。今回は戦争を知らない世代が戦争の悲惨さだけを声高に叫ぶ事の弊害について考えてみます。戦争の悲惨さを叩き込まれた世代が老害となり、戦争を知らないニュートラルに物事を捉える世代に切り変わろうとしているからこそ老害の酷さが目立ってくるのかもしれません。

糖質制限知識

最適な代謝と最適な食事を判断する簡単な方法

糖質制限が上手くいく、上手くいかないという事の差異は実に些細な事で決まったりします。マインドセットの問題は別として生きてきた環境、慣れている環境にヒトの身体は最適化していくものだからです。習慣と思い込みの観点から見直せば最善の方法論を選択する為の大きな助けになります。