糖質制限継続のモチベーションとなる2つの思考




食事と体重の変化 17年4月度

おはようございます。糖質制限もようやく慣れてきたかもしれません。それでも「正しく出来ているのか」という判断は出来かねますけど。

管理人のリンさんです。糖質制限を続けることへの迷いは無いのですが、これだけ情報が溢れていても手探りで進んでいかなければならないというのは、糖質制限だけではなく、最早ダイエットの醍醐味と言えるのでしょうね。

前月度の反省と今月実施した作戦

さて、3月度の反省と、それを受けて4月度取り組んだ内容がこちら。

  • 3月度は糖質依存に陥った状態でしたが、まあまあ糖質制限やっていました。それでも、カロリー制限が混ざっていた気がします。ここは糖質制限の基本理論に立ち返り、4月度はたんぱく質・脂質の摂取強化をはかります。
  • まずはたんぱく質強化です。以前チャレンジした運動含むダイエット。挫折したままで、放置していたプロテインがあったのでそちらを採用。大豆プロテインです。
  • そして脂質強化。こちらは完全無欠コーヒーを採用。でも、本家の中身とは全く別物の庶民バージョンで実施。(追記)庶民バージョンは絶対にダメ(追記終了

こんな感じで4月度の1ヶ月送りました。ちょこちょこ変更箇所もありますが、そちらは下記でまとめます。

17年4月の食事

1週目と2週目の食事

朝 プロテインと庶民の完全無欠コーヒーを摂取

昼 ローソンさんの低糖質パンをモグモグ

間食 プロテイン

夜 プロテインもしくは糖質0グラム麺

最早、感想すら出ない食事。プロテインは低糖質な豆乳で割ってました。大豆プロテインが、とにかくキナコな件。正直言って美味しくない。

豆乳をたくさん入れて誤魔化してましたが、これは糖質的には微妙でしたね。糖質100ml当たり1.2gの味付き豆乳でしたから、1回のプロテイン摂取で300~400ml、糖質にしておよそ3.6~4.8gくらいでしょうか?

今ある大豆プロテインを使い切ったら、次のプロテインは味つきのものにしようと心に誓いました。

3週目と4週目の食事

朝 庶民の完全無欠コーヒー

昼 プロテイン

間食 プロテイン

夜 お肉もしくはシーフードミックスを豆腐と一緒に喰らう。

さすがに物凄い飽きる。仕事休みの日に、糖質制限用のおから蒸しパン、炊飯器で作れるベイクドチーズケーキなんかを作る。

クックパッドやクラシル、デリッシュキッチンなんかのアプリから食べたいものを見つけて、適当に糖質低い材料に代えて作っていた当時。正直、糖質低いからといって目分量でやっていた部分が否めない。

しかも、糖質低いからって結構な量を食べる。この辺りから、

常に食べられるモノがある状態よりも、ひと手間かけなければ食べられない食材を揃えていったほうが良いかもと感じるようになる。食欲に打ち勝てていないと気付き、軽くヘコむ。

17年4月の体重変化

体重92kg 体脂肪率28%から計測開始。しかしまあ、減らない1ヶ月でした。

最終着地点は、体重90kg 体脂肪率27%で終了。結果2kgの減量 体脂肪率は1%の減少。

4月度は書くこと本当に少なくて悲しくなった。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です