糖質制限を知る為のシンプルすぎる1つの方法。




リンさんです。本日もお話をさせていただきます。とある芸人さんのように始めましたが、この芸人が誰なのか分かるヒトがいるのでしょうか?

本日のマクラはネタがないのでここで終わります。

糖質制限の各流派から大事な部分を抜き取りそれを全て実践すれば糖質制限は勝ったも同然

糖質制限も流行ではなくダイエットとして一定の流派として定着してきた感があります。まだまだ本願である糖尿病治療食の選択肢の1つとして糖質制限を、という願いには遠いのかもしれませんが。

そんな糖質制限の中でもダイエット効果や健康効果を強調してやり方を提示している、いわゆる流派が多く存在するようになりました。インチキ・大げさ・紛らわしいヤツを除き、今や糖質制限の各流派は大きくなる一方です。

そこでこんな事を考えるようになりました。

糖質制限の各流派の一番大事な主張を読み解いて、それを全部詰め込めばダイエットって成功したも同然じゃね?

流派が出来ることによって糖質制限を推奨していく力が分散してしまうかもしれない可能性にやきもきするよりも、いいとこ取りして楽しちゃえという発想ですよ。

京都・高雄の糖質制限本流

糖質制限食といえば京都は高雄の江部康二先生です。いえ正しくは糖質制限という言葉を世に広め糖尿病治療とダイエット法としての糖質制限を定着させられた、そもそもの生みの親であるというのが正しいのですが。

などなど、今でも精力的にご活躍されています。ブログは過去記事が非常に豊富で正に知識の宝庫。

糖質制限対応商品の販売は他とは一線を画すⅡ型糖尿病患者の血糖値を糖質量換算以上には上げないという効果を謳うものばかり。通常の低糖質商品は糖尿病患者さんの血糖値測定を行っていないものがほとんどです。

講演会も行っており、素人が糖尿病専門医より専門的な知識を持てるようになったのは江部先生のおかげといっても過言ではないでしょう。それこそが今の糖質制限拡大の原動力となっています。

糖質制限の定義

まず前提として糖質制限と言う場合、広義では糖尿病治療食やダイエットをひとまとめで糖質制限と言います。しかしそもそも糖質制限とは京都・高雄の江部先生の提唱された方法のことを指します。

世の医師が糖質制限は危険だと言っていますが、広義の意味で言っていることはあっても江部先生の糖質制限を理解して批判している医師は非常に稀です。

何でも極端を嫌うのが日本の医療ですから。中庸を履き違えているともいいますね

ここ覚えておきましょう。テストに出ます。

さて江部康二医師の提唱する糖質制限は以下の通りです。

『糖質制限食十箇条』 -糖尿病や肥満が気になる人に-
一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

『糖質制限食』の3パターン
一、スーパー糖質制限食は三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
二、スタンダード糖質制限食は朝と夕は主食抜き。
三、プチ糖質制限食は夕だけ主食抜き。嗜好的にどうしてもデンプンが大好きな人に。
 *抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。

糖質制限食の理論的根拠
1、血糖値を上昇させるのは糖質である。
2、糖質を摂取しなければ血糖値は上昇しない。
3、糖質制限食を実践すれば血糖値は上昇せず糖尿病は改善する。

ということで、とてもシンプルです。
上記3つは、生理学的な事実なのでこのことに関しては反論の余地は皆無です。

ドクター江部の糖尿病徒然日記 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-54.html より引用

具体的にどう糖質を制限するのかを書いていますね。

医療や保険制度などで定義づけされていないので、今のところの定義はこの江部康二医師の提唱するものだけとなりますね。

また糖質制限を行っちゃいけないヒトの定義も現在は江部康二医師が提唱するものだけで、

  • 肝硬変、診断基準を満たすすい炎、長鎖脂肪酸代謝異常症のある場合は適用外。糖質制限食はとらないでください。
  • 腎不全、インスリン注射やSU剤内服を行っている場合は、必ず医師の指導下で実施してください。

江部康二の糖質制限革命 医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト 115Pより引用・抜粋

となっています。ちなみにこんな本。↓

糖質制限の骨子

上記から分かるように糖質制限の骨子とは、健康的な食事、糖質の減らし方、糖質制限食に適さない方という説明を行っています。過剰摂取気味の糖質を制限することが骨子にあるわけですね。

1日3食でこの10か条を満たす食事を行って、主食の抜き方は3段階ですからカスタマイズは柔軟に行える形に出来てますね。

何にせよ基本骨子は主食を抜き、精製糖質の摂取を避けることになるのかな。ドライフルーツとかも品種改良で甘くなりすぎていて精製糖質と変わらない甘さが品質の証だと思われているくらいだし。

というわけでまずは糖質制限食の骨子をご紹介。

次回は渡辺信幸医師のMEC食の理論から骨子を抜き取ろうと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に、参考文献紹介。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です