子どもの糖質制限

iherb

子どもの糖質制限とサプリメント

子どもの糖質制限を考える際にいつも聞く言葉が「子どもに変な食事を教えるな」とか「パートナーが許さないだろう」とかです。そういった視点に足りないものは「子どもにとって大事な栄養素を考えているのかどうか」でしょう。そして糖質制限を推す側に必要な事は「糖質をどう選ぶのかを子どもに教えられるかどうか」だと思っています。理想と現実のバランスは常に大事な要素です。何もしなくても割と健康なヒトとの軋轢をどう埋めるのか。

栄養学

ノスタルジー語りの老害とならない為にも現状の学校給食を知り、その中身を考察します。

学校給食は糖質まみれで子どもたちにとって危険です。昔リンさんも言っていました。がしかし、最近ふとある事に気づきました。それは学校給食のイメージが自分が経験した頃のイメージで固まっていないだろうかということです。そんな方法論ではノスタルジーで理想を語る老害オジサン以外の何者でもありません。今回はその辺を考慮して考察していこうと思います。

心の在り方

不登校を個性とする議論も大事だけど、新型栄養失調も視野に入れなければ正しい議論とは言えないのではないだろうか?

不登校の子供が増えているという記事をよく見ます。社会の変化に対して子どもの幼い心が悲鳴を上げているのだとして、不登校でも勉強を行える環境であったり、不登校を個性として捉える話もよく聞きますが、そういった議論に合って最も抜けている視点として「原因と因果と結果」を探るというものがあります。それなくして今のままを容認する姿勢だけでは解決しない問題も出てきますよね。

栄養学

子どもの身体作りに失敗しない栄養学 必須栄養素とは?

糖質制限は危険なんです。子どもにさせるなんて以ての外です。カロリー不足になって動けなくなります。よく聞く話ですけど、子どもが成長するのに必要なのはカロリーなんでしょうか? どうも栄養素とカロリーをごっちゃにしちゃっている印象も感じるので、このシリーズではカロリーと栄養素の違いを考察します。

栄養学

カロリーと栄養ってどっちが大事? 子どもの身体作りに失敗しない為の栄養学

糖質制限は危険なんです。子どもにさせるなんて以ての外です。カロリー不足になって動けなくなります。よく聞く話ですけど、子どもが成長するのに必要なのはカロリーなんでしょうか? どうも栄養素とカロリーをごっちゃにしちゃっている印象も感じるので、このシリーズではカロリーと栄養素の違いを考察します。

香川県

糖質制限こそ糖質に関して真摯に向き合っている

糖質制限への否定的な意見は今も強く、バランスよく食べよう、とか糖質は必須栄養素である、といった常識を打ち破ることが出来ていない現状があります。今回は糖質制限における糖質との付き合い方を考察していこうと思います。糖質制限では糖質が全て悪いものではないと考えていることを知っていただければな、と思います。

栄養学

糖質制限が子どもにもたらす良い影響を考察できる2つの軸

ヒトの体はカロリーで出来てはいない。カロリーを含む食材であり、栄養素から構成されています。カロリーコントロールが叫ばれて久しい昨今ですが、本当にカロリーだけでヒトの身体を考えていいのでしょうか? 栄養素、人体の構成要素、血糖値コントロールから見る糖質の必要性。その全てが今、糖質は必須栄養素ではないという事実を導き出しています。

香川県

食の多様な選択肢が無い国ニッポン。子どもの未来を憂う親に選べるのは自己責任という名の食事法だけ

管理人は香川県に住んでいます。2017年2月に糖尿病を発症し、現在は糖質制限を行っています。今現在、香川県は子どもたちの糖尿尿に関して、県を上げて取組んでいるわけですが、その方向性に違和感を感じます。そこで、今回は「子どもの糖質制限」をテーマにお送りしたいと思います。第1回は、糖尿病と糖質制限の現状確認を行いたいと思います。