食品の判断基準

人類史

植物性は動物性に比べ環境に優しいという理由は妥当なのか?

環境に配慮する事が理念として掲げられる事も増え、自然環境を守ろうって事は割と共通の認識になりつつあるって事になります。その中には環境に特に優しい事を殺し文句にしているものもあるわけですが、果たしてそれは一体何がどのようにして環境に優しいと言っているのでしょうか?

人類史

青物信仰とは何なのか?

常識的な考えになるまで広まった物事を否定するのは難しいものです。「それ、オカシイでしょ?」と言っても「そういうもんだから別にオカシクなくない?」で済んでしまうからです。それは文化をヒトが共有出来た理由でもあるわけですが、間違ったものを共有すると否定するのに時間がかかってしまうという欠点も理解しておかないといけません。

食物

7/22はナッツの日

木の実が重要なのはドラクエで学んだわけですが、現実世界でも木の実、つまりナッツは素晴らしい食材です。恒常的に能力が上昇するかどうかは分かりませんが、体内の代謝を円滑にする栄養素を豊富に含み、アンチエイジングも期待できます。それでも、ナッツだけを食べれいれば健康になれるとかそういうウマい話はないわけです。

糖質制限知識

コメが主食神話だと矛盾を生む状況もあるって話

「あの子に限ってそんな事しない」って感情を持つ時って無いですか? こういう時って信じているから、あるいは受け取るイメージとしてそんな事をするなんて思っていないからって感じになります。要するに我々は思った以上にイメージに踊らされているのではないでしょうかって話です。

糖質制限知識

糖質制限を実践すると栄養が不足するそうなので、栄養が不足しないように考えてみる

糖質制限では栄養が不足するから危険だという意見があります。主に反対派と呼ばれるヒト達の言い分ですが、コレは考察するに値するものです。確かに食事法特有の理由で糖質は不足します。ただし不足しても問題が起こらないようにするのが健康法たる所以ですから、糖質以外の不足するであろう栄養素に関して考察した方が良さそうです。

糖質制限知識

何故セイゲニストは植物性の食材より動物性の食材を優先するのか?

糖質制限実践者たるセイゲニストは植物性よりも動物性の食材に重点を置きます。中には植物性は気をつけないと危険ですよと言うヒトがいたりもしますし、何でそんな事言うのだろうかと疑問に思うヒトもいるでしょう多分。ヒトは信じていたものに裏切られた時に、辛らつに相手を批判するようになるのかもしれませんね。

栄養学

サーモンの栄養学

サーモンと言うと女性や子どもが好きなものってイメージですね。そういったイメージ戦略の元で商品として販売しているのかもしれませんが、ヒトは自分の身体に必要な栄養素を率先して選んでいる説を支援すると、サーモンを選ぶ理由も違ってきます。もちろんビタミン不足で糖質から十分なATPが作れない場合は食材の選別にフィルターがかかってしまうわけですが……。

糖質制限知識

社会的に認知された糖質制限とはロカボとライザップ

糖質制限が市民権を得たと言われています。しかしセイゲニストとして生きる事と社会的な糖質制限の認識には隔たりがあります。そこで糖質制限はこうあるべきだとして軋轢を深めているわけですが、社会的な認知を得たものの良さを学ぼうとしない事と科学的に自分の知識を高める事は全く別問題だと気付かなければ、糖質制限は廃れていくのかもしれません。

ダイエット理論

コーヒーの栄養学

全ての物質は決められた機能を持っています。そしてそれを分解する際に作用と反作用が発生し、作用が優勢なら薬で副作用が優勢なら毒という風に考える事が出来ます。このように考えると依存を起こすような特殊な物質以外の全ての物質は量と頻度次第で毒にも薬にもなると考える事が出来るわけです。コーヒーも良いのか悪いのかが問われるものの1つですね。

栄養学

加工された野菜と栄養素の話

栄養学を知っていくと加工食品というものが如何に栄養を無駄にしているのかを理解する事になります。胚芽やモミの付いた状態からそれらを取り除きビタミンやミネラル、食物繊維を排除した白米になったりとかそういったものです。最も、胚芽のある状態では植物特有のドクも多く持っているので消化に問題が発生するわけですが……。加工する事で恩恵もありますが、加工しすぎても良い事は無いってことですね。

ダイエット理論

誰でも手軽に手に入れられる安価なスーパーフード

スーパーフードって流行ってますよね。ですがあのスーパーフードたちは足りないと思われている栄養素を補う事を考えるとスーパーなのですが栄養学的に言うとそれほどでもなかったりします。スーパーフードと希少価値を組合わせて健康に良いようなイメージで販売していますが「レア」な食品だけがスーパーフードではないわけです。