ケトン体

糖質制限知識

ケトン体が出ているとはどういう状態で判断するのか?

糖質制限で厳し目の摂取制限を行い、きちんと脂質を摂取している状態になるとケトーシスと呼ばれる状態になります。これは糖質であるブドウ糖利用から脂質の代謝産物であるケトン体利用に身体が切り替わる事で起こる状態の事です。んじゃまあ分かりやすい変化ってあるんかいな? て事を考察しようと思います。

糖尿病

清涼飲料水の笑えない話 追試編~ペットボトル症候群~

清涼飲料水の笑えない話の追試編です。何故ペットボトル飲料を飲む事が危険なのか? 高血糖を招くから? それだけではありません。異性化糖添加のペットボトル飲料の摂取はⅡ型糖尿病患者はもちろん健常者も気をつけなくてはならないのです。今回はその理由を記事にしますね。

常識破壊

脳のエネルギーはブドウ糖だけという幻想を打ち砕け。だったら糖質制限実践者であるリンさんはブログなんて書いていられないぞ?

脳のエネルギーはブドウ糖だけ。いわゆる常識としての知識。でもよくよく考えてみるとエネルギーが1つだけなんて状態で生きる種族がよくもまあ絶滅せずに生き残れたもんだなって思うのが普通ではないのか?

糖尿病

全ては結果への理解を間違えると起こるという事を自戒とする事の意義

前回がコレステロールについての新常識。そもそもコレステロールが悪者っていうのが勘違いだったんだよって話をしましたね。今回も似たような構図だったので連続してご紹介します。今回のテーマはケトン体。ひと昔前までは糖尿病における「死」の象徴のように扱われていた物質ですが、最近の常識では死神からマジ神にクラスチェンジしたみたいっすよ?

栄養学

糖質制限で糖質の摂取を控えるのは脂質メインで代謝する身体にする為。なぜ脂質代謝にするべきなのかを初級セイゲニスト目線で考えてみる。

今回は糖質制限理論のキモ、脂質代謝へのクラスチェンジについて語ります。我々の身体は糖質を大量に摂取する生活の中で、糖質をエネルギーとして消費するため糖質代謝を基本としています。それを脂質代謝へと変える事が、糖質制限が成功するか否かの分かれ道であると言っても過言ではありません。