代謝反応

人類史

ヒトが草食動物だと仮定したとしても、野生であれば甘い物を摂取しない?

ヒトは草食動物だから炭水化物の 消化に特化している。特に日本人は腸が欧米人よりも長く炭水化物に特化しているのだ、という意見があります。まあそもそも欧米人の方がデカイので腸の長さは相対的なわけであり、日本人が単なる胴長である理由に過ぎないわけですし、野生下で甘いものを、特に高度に精製された炭水化物を

栄養学

ビタミンB12欠乏症から読み解く「完全」菜食主義の臨界点

アイキャッチ画像は 紺色らいおんさんによる写真ACからの写真 です。世界を変えようとすると非常に難しいのですが、自分を変えるのは経験してしまうと一番簡単な手段なわけです。そして自分を変えるキッカケというものは他人からの強制ではなく自ら欲しなければいけません。となると世界を変えようと必死なヒトというのはそれだけで「自分勝手」と呼べるのかもしれません。

栄養学

カット野菜は動的平衡の崩れた状態?

アイキャッチ画像は かっちゃんさんによる写真ACからの写真 です。手間を大きく省いてくれるものが溢れているのは現代の特徴ですが、それにより多くの大事な事を考える必要が無くなってしまった事が大きな課題になっていると認識されつつあります。ヒトの知能は高いからこその文明ですが、その利便性が知能を奪っているという側面もあるわけです。

糖質制限知識

糖質制限でフラフラになってしまうのは脂質からのカロリー摂取不足……だけじゃない

糖質制限はライフスタイルという捉え方が最もしっくり来る考え方です。それというのも糖質制限の知識を深め、それを自分に適応できるようにならないといけないからです。こういった点はベジタリアンでも何でも同じなわけです。そしてその中で問題が起こるようであれば、それを考察し検証し是正していけばいいだけの話なんですが、中々難しいものがあります。

糖質制限知識

最適な代謝と最適な食事を判断する簡単な方法

糖質制限が上手くいく、上手くいかないという事の差異は実に些細な事で決まったりします。マインドセットの問題は別として生きてきた環境、慣れている環境にヒトの身体は最適化していくものだからです。習慣と思い込みの観点から見直せば最善の方法論を選択する為の大きな助けになります。

ダイエット理論

不調は内から現れ、内に向かって改善していく

身体を労わりましょうなんて簡単に言いますし、それが当たり前であると思う所はあります。ですが不調は身体からのサインであり、そのサインの読み方を誤れば身体を労わるどころの話ではなくなります。分かりやすい不調の改善だけを優先すると良くないというのはちょっと分かりにくい話かも知れませんが、結構大事な話でもあります。

ダイエット理論

コーヒーの栄養学

全ての物質は決められた機能を持っています。そしてそれを分解する際に作用と反作用が発生し、作用が優勢なら薬で副作用が優勢なら毒という風に考える事が出来ます。このように考えると依存を起こすような特殊な物質以外の全ての物質は量と頻度次第で毒にも薬にもなると考える事が出来るわけです。コーヒーも良いのか悪いのかが問われるものの1つですね。

糖質制限知識

糖新生を起こさない程度の糖質摂取は必要か?

糖質制限が危険だとする主張の1つに、糖新生を起こしてしまうからというものがあります。この機能が通常時に使われない機能だからとするものですが、この機能は普段でも稼動しています。しかしそれでは微妙に納得できないので、糖新生で作られる1日分の糖質摂取なら問題ないのか考察します。

人類史

ミトコンドリアと人類

人類は自分達の力で生きていると思っていますが、実際の所は沢山の微生物達の力を借りて生きています。生物は基本的に分子の集まりであり、細菌の集合体なのでそれは当然の事なのですが、それを忘れてしまったが故に共生関係に問題を発している事があったりします。ミトコンドリアとの共生は壊れる事は無いでしょうが、それでも問題は起きるかもしれないと知っておくべきです。

ダイエット理論

食物繊維が人体にどのように反応するのか?

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれています。しかし食物繊維に期待される効果を知っていてもそれがどういった理屈で発揮されるのか。そもそもどういうやり方で最高の状態を保てるのかを考えなければ食物繊維だけ摂っていればいいだけでは他の置き換え食品と変わりません。栄養素には機能が存在し、それが十分発揮できる環境を知る事が重要です。

クスリのリスク

塩は本当に身体に悪いのか?

塩の過剰摂取は高血圧の原因であると言われています。という事は塩は身体に悪いという結論になると考えてしまいます。しかし塩が原因である高血圧は症状を患っている全体数からすると少ないものです。では塩は身体に良いのでしょうか? 物事はシンプルにする必要がありますが、どのように考えれば良いのか。今回は塩のお話を通して考察しようと思います。