ベジタリアン

栄養学

厳格なヴィーガンが抱える栄養学の問題点

選んだライフスタイルで問題が起こらないように知識を更新し、科学に見合った最適なものとしていく。これが食事法の正体です。ですからライフスタイルとして食事を定着させる事には非常な困難を伴うわけです。それにより何としても現状の食事を維持しようとする心が生まれ、それが身体にあまり合っていないと感じていても意固地になってしまうこともあります。そういった時に1歩引いて「では自分のやっている事の問題とは何だろう」と考える事は非常に重要になってきます。

ダイエット理論

ヘルシーな和食は健康に悪い? 和食の問題点を示す3つのワード

和食はヘルシーってよく聞く話です。最近でもとあるテレビ番組でBMI35を超えるようなおデブ外国人を日本に招待し和食ダイエットを行っていましたね。まあしかし和食は低カロリーです。日本人と比べるとインスリンに問題が起こりにくい為、高度肥満を発症したおデブ外人たちはカロリーを控えれば当然痩せます。論理を映像でカジュアルに誤魔化すのではなく、和食の何が問題で何が優れているのかをしっかり検証しないといけません。

ダイエット理論

ベジタリアンのまま糖質制限を行う6つの方法論

ベジタリアンと糖質セイゲニスト。この2つは菜食と肉食であるという理由から接点の無い食事であるとされています。しかしベジタリアンに多様な食事法があるように糖質制限にも多様な食事法があります。栄養学から物事を捉えた時、ベジタリアンも糖質セイゲニストも目指すべき場所が同じだという事に気付けば共存する事が出来る。その点を考察します。

ダイエット理論

ベジタリアンをやめるべき時を示す5つのサイン

栄養学から見ると菜食主義であるベジタリアンの食事はお世辞にも正しいとは言えないものです。ベジタリアンの多くが動物の命を奪う事の悲惨さから菜食を行いますが日本は少々特殊な環境です。日本ではそもそも和食という概念が菜食に近く、そこから更に厳格な菜食主義を取り入れると恐ろしいほどのカロリー制限を行う事になる為、身体に与える影響は海外のベジタリアンの比ではありません。

栄養学

和食への2つの誤解が健康を損ねている

日本に蔓延る多くの疾患。統合失調症、糖尿病、自律神経失調症などなど。これらは特定の栄養素が大きく不足する食事のせいで深刻化しているという側面があります。その考えに立てば日本食は栄養が大きく偏っているという認識になります。今回は現代における日本食がどれだけ栄養価に乏しいのかを考えます。

栄養学

和食が身体に良い理由と、良くない理由

和食は身体に良い。この議論は糖質制限的に終了を迎えています。和食は決して身体に良い食事法ではありません。しかし食事法の中には日本人の生活の知恵が詰まっています。だからこそ和食の良い部分に目を向けた議論をするべきでしょう。現代のというか、糖質制限の事情に合わせた和食のライフスタイルを模索します。

栄養学

ベジタリアンの意義を問う3つの質問

ベジタリアンとは菜食主義の事を言います。日本ではアレルギーの為に色々と食べられないものがあるからという理由がメインであるベジタリアンですが海外では少々異なります。ベジタリアンの生き方とは健康になるための方法論なのでしょうか? 全てのヒトに健康を実感してもらいたい。ベジタリアンのまま健康になれる方法論も考察します。