喫煙を止めて思うこと -噛み合わない論点に哀れみすら浮かぶわけですが-




おはようございます。リンさんです。

タバコを止めるまでそいつがどんだけ迷惑かなんて考えたことも無かったわけですが、止めてからはその煙や臭いの傍迷惑さに辟易しています。

そんな感情、タバコ吸っているうちは考えることも出来ないくらいに思考が鈍化しているだろうから、今回もリンさんが元喫煙者として現喫煙者の皆さまの愚かさを記事にしようと思います。

喫煙はきっと思考を鈍らせるんだろうなと思わせてくれる人々があまりにも多すぎる社会

最近の受動喫煙に対しての喫煙者寄りの意見を見ていたところ、最早論点と主旨が違いすぎていて「人権として喫煙が認められていない可哀想な喫煙者」という論旨がむしろ可哀想な感じを加速させています。

喫煙者は議論を行える論理的思考が行えないというのがリンさんの持論です。そう考えるようになったのは喫煙をやめた後で再度考えることとなった受動喫煙の問題を調べていた時でした。

論点がまず噛み合わない。そして何より喫煙者は自己弁護しかしない。更に言えば自己弁護のためなら平気で他人を貶めようとします。自己弁護の犠牲を非喫煙者である健常者に強いてきた背景を全く省みずに現在の自分たちの人権が保障されていないと嘆いているわけですから、アホと思われても仕方ないとは思います。

不特定多数の誰かの健康を害する可能性があるものに関して議論しなければならないのに、健康が害されるかもしれない側の権利を尊重した議論が出来ない事に喫煙者のおバカさが滲み出ています。

今回はそういった喫煙者の見る狭い世界の話をしようと思います。元喫煙者だからこそ狭い自己主張だけの喫煙世界と喫煙をやめた後の他人と関わって生きていく通常世界の愕然とした差に気づきます。

喫煙者が守るべきルール

喫煙者は基本的に喫煙のルールを守れていません。それはタバコを吸うということが自分のストレスを緩和する緊急手段だから誰の迷惑も省みなくて良いと思っているアホ過ぎる思考にあります。

タバコをほぼ緊急車両と同じ扱いにしている異常さに気づいて欲しいものです。喫煙者が守るべきルールを制定するべきでしょう。

タバコを吸うと決めたのは自分なのだから、吸殻も煙も煙の行方すらも吸ったヤツの責任。つまり煙や臭いが誰かの健康を害さないように背負うことが喫煙者の責務です。それが出来ないから喫煙所などを作って隔離しなきゃいけなくなっているという現実に気づきましょう。社会は真面目にサイコパスに説教してくれませんよ。

喫煙者とストレス

色々あるから

こう言ってタバコを吸い続けるのが喫煙者です。でも健常者は色々あってもタバコの煙や臭いでストレスを感じてもタバコは吸いません。

「色々あるから」タバコを吸う。タバコを吸ってその色々が解消するなら世の中全員が吸っているはずですがな。健常者がタバコを吸わないのは「色々」がタバコで解決しない事を知っているから

それを直接指摘しないのは喫煙者がタバコに逃げていると知っているから。逃げる相手を追い詰めるような事を健常者はしません。喫煙者が勝手に追い詰められていると感じているだけです。

喫煙者と権利

「タバコを吸う喫煙者に平等な権利を」と叫びます。しかし平等に有害な煙に晒される権利を唱えているということに自分たちでは気づきません。

完全なるモラル・ハザード。思考能力の貧困と情報処理の弱者っぷりが見事としか言いようがありませんが、健常者はそんな突込みをしません。

だって「平等な権利を」と訴える瞳が本気すぎて引いているから。

喫煙と健常者

相手が健康なら自分がタバコを吸ったところで被害は無いと思い込んでいます。その発想事態も貧困。

そもそもタバコを吸って健康に問題が無いと思い込んでいる時点で喫煙者自身の身体に問題が起こっていると考えるべきでしょう。いついかなる時も自分の(喫煙の)為に相手を利用しようとしている時点で大問題なんです。

喫煙者と被害者意識

喫煙者は被害者意識が強いのです。自分が如何に困難な人生を歩んでいるか同情してもらい、気軽にタバコを吸いに行ける環境をどう作るかという事に全力をかけています。

特に平坦も無い人生をドラマチックに語れるのは詐欺師です。そして被害者意識が強いという事は喫煙者はナルシストでもあるという事です。

困難な人生を歩んでいる自分に酔う為にタバコを吸うのは、健常者から見ればただの悪酔いであり、しかもその原因は困難な人生ではなくタバコを吸っている本人であることがバレバレなわけです。

酔いはさっさと醒ましましょう。

喫煙者は頑固者

喫煙者はまるで修行僧のような1日を送っています。朝、起きて喉が痛いし周囲が引くような咳をするけど、タバコを吸わなくてはいけません。

昼、食事の余韻を楽しむ暇も無くタバコを吸わなくてはいけません。夜、眠るまでタバコの事を考え続けなくてはいけません。タバコへの思考は家族、パートナー、恋人、友人、他の何よりも優先されます。

こんな毎日を過ごして手に入るものが健康、哲学、思想を全て失った「抜け殻」であるにも関わらずタバコを吸わなければいけないという依存を抱えてしまいます。

喫煙者の狂気

喫煙者は修行を続けていく内に、タバコが物事を測る物差しになります。

これから先死んでいくだけなんだから好きにタバコを吸わせてくれと言い、これから先も生きて未来を作っていかなければならない子どもたちの健康を害している狂気の集団と成り果てています。

ひどい言い方ですね。でも、表現の幅は数あれど喫煙者への周囲の思いは似たようなもんです。

まとめます

喫煙者を健常者の視点で見たときにどんな風に写っているのかを、割とソフトに書きましたが如何でしょう。たったひと言で表現するなら喫煙者は健常者の世界に「存在する意味の分からない存在」です。

喫煙者が健常者の権利を尊重し重視する方向性で議論を開始しない限り、喫煙者の存在意義は全く認められないでしょう。

1世代、もしくは2世代の喫煙者集団が滅びることでパラダイムシフトが起こるのか。それとも喫煙者が論理的思考を取り戻し共存の可能性を探れるようになるのか。

後者は今の状況では非常に厳しいでしょうが、頑張って欲しいものです。

最後まで読んでいただき、いつもありがとうございます。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です