バレンタインだからチョコレートの話題でもしましょうか




おはようございます。リンさんです。

バレンタインデーといえば一昔前まで恋人たちのイベントであり、最近では友達と義理チョコのオンパレード。少々値の張るチョコを自分へのご褒美として食べる日くらいの感覚になっています。

その起源は古く、3世紀のローマまで遡ります。この時代、戦争への徴兵という名目で若者の結婚は法律で禁じられていました。それを哀れに思い時の皇帝に隠れて若者の婚儀を執り行っていたヒトが聖ウァレンティヌスあるいは聖バレンタインと呼ばれる神父さんでした。

当然皇帝は怒って聖ウァレンティヌスを処刑。処刑された日が何を隠そう2月14日だったわけです。それから紆余曲折あってウァレンティヌスはバレンタインとして恋人たちの守護聖人となり、今日に至るわけです。

婚儀を行って処刑されるなんてマジかいな? と思うかもしれませんが、当時のローマで皇帝の命令に逆らって結婚をする男女は異教徒の異端者でしたから、そんな2人の婚儀を執り行った神父の罪は相当なものだったはずです。

実際の所2月14日は恋人同士でギフトカードなどを送りあう習慣だけだったのですが、日本のお菓子メーカーの販売戦略によりチョコレートを送る風習へと変わっていきました。

義理チョコや友チョコの文化が、草食系と呼ばれる恋愛忌避体質男子であったり晩婚化であったりといった現象を風刺していると思うと、意外と奥が深いなと感じます。

チョコレートは身体に良いのか?

チョコレートの健康効果というものも議論の対象となって久しいといった印象があります。そういった議論も収束気味になりチョコレートに関しての結論は出た感もありますね。

ちなみにチョコレートの効果で期待できるものというと、

  • フラボノイドやポリフェノールといった植物性の栄養素が脂肪の蓄積を防ぐ
  • 血糖値の上昇を抑え、食欲や空腹を抑えてくれる

というものがあります。しかし市販の甘いあま~いチョコレートをたくさん食べて大丈夫という話にはなりません。こういった効果を謳う際に指定されるチョコレートがあります。

カカオの成分が原料の比重として大きいチョコレート、高カカオチョコあるいはダークチョコと呼ばれるものです。純粋なチョコレートを作ろうとした時、使用される材料はカカオマス、カカオバター、粉乳が必要ですが、これだけで作ろうとするとベラボウに値が張ります。

日本はチョコレートの概念が特に緩くて「カカオマスが最も多く原料として使われているものをチョコとする」という定義で探すと国内メーカーではおそらく数は見つかりません。

更に使われている油脂をココアバターのみに指定した場合、もっとチョコレートは探せなくなります。となると日本のチョコレートは原材料がカカオではなく砂糖と植物油脂のチョコレートもどきであるとさえ言えます。

上述のようにチョコレートの健康効果とはカカオに含まれるポリフェノールなどの植物性栄養素です。甘くて安くて子どもも喜ぶし、チョコレートだから身体にも良さそうと思って与えているものがそもそもチョコレートと呼べない代物なんです。

チョコレート風味の菓子なわけです。チョコレートの良い効果を期待したいのであれば最低でも高カカオである事、次に植物油脂不使用である、砂糖の含有量が少ないといった点で選ぶ事が重要です。

コーヒー豆とカカオ豆

実はチョコレートと同じような健康効果を謳っているものにコーヒーがあります。種類こそ違えども同じ豆から焙煎される食品です。コーヒーは近年の研究で食事内容によって食後のコーヒーを飲んだ後の血糖値変化に違いが出るという事が分かっています。

高糖質な食事をするとインスリンの追加分泌が起こりますが、食後のコーヒーがそのインスリン分泌を抑制します。つまり血糖値が下がりにくくなってしまった結果、高血糖になる。

低糖質な食事であっても大量のたんぱく質や脂質を一気に摂取すると、グルカゴンなどの血糖値を上昇させるホルモンが分泌されます。人体は適切な代謝の為にインスリンも分泌して相殺しようとしますが、コーヒーでインスリンが抑制されるとグルカゴンの血糖値上昇作用だけが残り血糖値が上昇します。

つまり適正なコーヒーの健康効果を得ようとすると高糖質な食事の回避もしくは適量の低糖質な食事の摂取が前提条件となるわけです。

これはもしかしてチョコレートでも同じ事が言えるのではないでしょうか?

ヨーロッパの研究などではコーヒーに比べれば圧倒的にチョコレートの健康効果は顕著です。同じ焙煎してから食用にするものですが、コーヒーは湯で抽出する液体を飲むのに比べてチョコレートはカカオそのままを食べるから栄養素の濃さが違いからではないでしょうかね?

含まれている栄養素が豊富だから多少の砂糖が含まれていても健康効果が期待できるのではないだろうかという仮説を持てば、つまるところチョコレートは高カカオで植物油脂不使用、砂糖無添加のものならば最高のパフォーマンスが期待できるんじゃね? という事です。

まあその食べ物はおそらくコーヒー豆を直接食べるのと同じくらい苦いものだと思いますけど。

バレンタインだから特別なチョコレートをとか、ご褒美用にひと月に1回贅沢なチョコレートをとか言うのであれば砂糖使用のものでもいいかもしれませんね。

チョコレートは高カカオ、植物油脂不使用、砂糖無添加という3つのこだわりポイントで選ぶとヘルシーと覚えとこうと思います。

チョコレートと幸福

チョコレートを食べたくなるのはマグネシウムが不足しているからであるというのは栄養学的には正しいのですが、夢とロマンがありません。毎日毎日チョコレートが食べたくて仕方ないというのであれば、それは栄養を改善しなくてはならない事態ですが。

時折、チョコレートが食べたくなるという現象は栄養素の不足を埋め合わせるという事以上のものを感じてしまいます。というのもヒトは食事に幸福を求めるからです。

幸福とはつまり無駄なものです。食事をして幸福を感じる種族はヒトだけなのですから、その機能が野生生物にとってどれだけ必要ないのかは推して知るべきでしょう。

甘いチョコレートを毎日食べたいのではなく、苦味と香りを感じるチョコレートを時折食べたくなる事は食事へ幸福を求める時の最良の手段であると思います。それほど甘くないのにチョコレートを食べると幸福を感じる。ストレスマネジメントとしての最高のカタチではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、いつもありがとうございます。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です